家族や同棲中の恋人がいてもOK!
一緒に取り組めるダイエット習慣5つのコツ

ダイエットをしたいけれど、恋人と同棲していたり、家族と一緒に生活していると思うようにダイエットができない、という悩みを持つ女性は多いもの。その理由は「彼氏が食べているところを見ると、ついつい一緒に食べてしまう」「夫の帰宅に合わせて食べるから、どうしても夕食が遅くなる」「家族の食事を別々に作るのは大変」「ヘルシーな食事を作ると、ガッツリ食べたいと言う夫とケンカになる」など。

ダイエットundefinedAllAbout,ダイエットundefinedmico,食事ダイエット,阿部エリナundefinedAllAbout,同棲中undefinedダイエット,彼氏undefined同棲undefinedダイエット,同棲undefined太った,

同棲中の彼も喜ぶダイエットなら、ダイエットも成功できる!

確かに、一人暮らしをしている人の方が食べることの誘惑も少なく自分の思うように食事内容を変えられるのでダイエットに成功しやすい面もありますが、ダイエットのために一人暮らしなんてことは、現実的ではなく……。家族や彼氏と一緒でもダイエットを成功させるコツをご紹介しましょう。

 

コツその1 分食

相手の帰宅が遅くどうしても夕食が遅くなってしまうのであれば、女性は分食がおすすめです。分食は1回の食事を2回に分ける食べ方で、1回目の食事では主食を食べ、2回目の食事ではおかずを食べる方法。夜の21時に恋人や夫と一緒に食事をするのであれば、自分だけ18~19時頃までにおにぎりを食べておくと、21時までの空腹にも耐えられますし、遅い時間の糖質の摂取を抑えられます。遅い時間の糖質の摂取はエネルギーとして使われず脂肪に変わってしまうので、糖質だけでも早い時間に食べておくと良いでしょう。 

コツその2 ご飯を別炊き

男性がボリュームの多い食事を好むので、どうしても食事が高カロリーになってしまう、あるいは、相手の食べている姿を見ていると、自分の食事量を減らすことができない……というのであれば、自分用にご飯を別で炊いておくのがおすすめです。こんにゃくでできた低カロリーのお米や玄米、雑穀米をたっぷり混ぜたご飯なら、白米と同じ量でも血糖値が上がりにくいので太りにくいというメリットがあります。二度手間にはなりますが、毎食食べる主食だからこそ、毎食徹底することで自然と減量できるようになります。

コツその3 夜だけ糖質制限

分食をしたりご飯を別炊きしても、おかずが高カロリーだと、夜遅い食事は結果的には体重を増やしてしまいます。短期間で体重にダイレクトに影響する糖質の摂取を抑えて、夜の食事による体重増加を防ぎましょう。糖質の含有量が多い避けるべき食材は、じゃが芋、さつま芋などの芋類、かぼちゃ、とうもろこし、人参、果物です。調味料では、砂糖、ソース、チリソース、カレー、焼肉のたれ、酒かすなどは糖質が多いので避けましょう。これらは、食べるなら夜ではなく朝食または昼食がおすすめです。

≫他にもまだあるダイエットのポイント!