男性も女性もOK! 忙しい社会人向けダイエット

忙しい,社会人,ダイエット

忙しくてもダイエットはできる!


仕事が忙しいと痩せると思いがちですが、逆に激務の人ほど、もしくは激務の時期ほど太りやすくなってしまう場合があります。忙しい人でもできる、時間がなくてもできるダイエットがあればいいですよね。忙しい社会人でもできる食事・運動・生活習慣を改善するダイエット方法を紹介します。


忙しいのに太る原因は?

■食事に気を使わなくなる
常に時間に追われて忙しくしていると真っ先におろそかにしてしまうのが食事です。食事の時間をなかなか確保できず、食べれる時に食べる、というスタンスで食事を摂っていると、空腹の時間が長くなりすぎることで高カロリーの食事を好んで食べるようになります。牛丼、カレーライス、パスタ、ラーメンとチャーハンのセット、そばと天丼のセットなど、糖質中心の食事になりがちです。これは、カロリー不足に陥っている体が手取り早くエネルギーを確保しようとするためです。このような食事が続くと、当然カロリー摂取過多になる上に栄養バランスも悪くなるため代謝が落ちて太りやすく痩せづらい体質になってしまいます。

また、忙しいと料理にかける時間が短くなってしまうことも問題です。お味噌汁、野菜料理、たんぱく質メニューというように栄養バランスを考えて複数のメニューを作ろうと思うと、それだけ料理にも時間がかかってしまうため、どうしても簡単に済ませられる麺類、丼物、パン、シリアルなどの単品料理が増えてしまいます。


■運動不足になる
忙しくなると運動不足にもなります。ジョギングやウォーキング、趣味のスポーツなどは、それなりにまとまった時間を必要とするため、忙しくなると運動の時間が削られがちです。実際に、運動を続けられない要因の1つに「時間がない」と挙げる人が多くいます。ダイエットのために車や自転車を使わずに駅まで歩くようにしていると言う人や、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う人も、忙しくなると時短のためにやめてしまいがちです。忙しい日々を送っていると、気持ちが常に急かされているため体をたくさん動かしていたり疲れからカロリーをたくさん消費しているような気持ちになりますが、実際は、このような積み重ねで運動不足になっています。


■ストレスで習慣や体質が変わる

忙しさから精神的・肉体的に疲労がたまってくるとそれがやがてストレスになり、習慣や体質が変わってきます。一般的に男性はお酒でストレスを解消する人が多く、女性はお菓子でストレスを解消する人が多いと言われている通り、実際に、ストレスを感じてお酒の量が増えた、お菓子の量が増えた、という人は多いようです。また、常に気が張っていることで自律神経のバランスが崩れ、便秘、不眠、太りやすくなる、など体質にも変化が現れてきます。


忙しい人におすすめのダイエット方法

食事習慣、運動習慣、ストレスによる習慣や体質の変化に心当たりがある人は、忙しさが原因で体重が増えた、あるいは痩せづらくなっているのかもしれません。忙しい人でも簡単にできるダイエット方法をご紹介します。


忙しい人におすすめの食事習慣や食事ダイエットのやり方

忙しくなると増えてしまう外食の課題を減らせるようにまずは意識してみましょう。外食の必要性がない時はできるだけお弁当を持参するように環境を整えます。

難しければ手の込んだお弁当を作る必要はありません。冷凍食品やレトルト食品を上手に活用しましょう。冷凍のカット野菜、低糖質タイプのレトルト食品、魚の缶詰など、忙しい時はこれらをおかずにし、ご飯は玄米や雑穀米など血糖値を上げないお米を選びます。

外食を避けられない時は、麺類や丼物など単品ものではなく、1汁2~3菜揃った定食タイプの物を選ぶようにしましょう。単品メニューの場合は、野菜などのサイドメニューも一緒に食べるようにすると、栄養バランスも良くなります。


忙しい人におすすめの運動習慣やエクササイズのやり方

運動の時間を確保できず忙しい日が続くときは、時短で最も高いダイエット効果を期待できる水泳がおすすめです。

クロールであればジョギングの約2倍ほどのカロリーを消費します。水圧がかかる中で体を動かすことがカロリーをたくさん消費できる理由で、プールの中でウォーキングをするだけでも、通常のウォーキングよりも多くカロリーを短時間で消費できます。

また、水の中に入るリフレッシュ効果や適度な疲労感から深い眠りにつけるようにもなります。次で紹介しますが、ダイエットに睡眠不足は大敵なのでぐっずりと眠れる運動は効果的と言えます。

短期間で減量をしたい方には一番おすすめの運動法です。


忙しい人におすすめの睡眠習慣で太りにくくなる方法とやり方

忙しい人は、睡眠の質を上げることで痩せやすい体質作りを心がけてみましょう。忙しさからストレスを感じていたり常に交感神経が高ぶっていると、睡眠が浅くなり疲労がいつまでも取れず、その蓄積で体内機能が落ちて太りやすい体質に変化してしまいます。寝不足から食欲の増加も起き、太るサイクルにどんどんはまってしまいます。

睡眠の質を上げるポイントは3つ。

1つ目は寝室の空間や寝具の見直しです。気持ち良く眠れる空間や寝具を揃えることで快適な入眠を促します。寝具専門店では布団の固さ、枕の高さなどを個別に相談できます。自分に合ったものを探すとよいでしょう。

2つ目は入眠前に体を眠るモードに変えていくことです。半身浴で心と体をリラックスさせて交感神経から副交感神経に切り替えます。半身浴の後はストレッチでさらに体をほぐし、眠るまではスマホやパソコンなどのブルーライトを見ないようにしましょう。

3つ目は香りやサプリメントの利用です。ラベンダー、ネロリ、ゼラニウムなどのアロマは心をリラックスさせてくれます。最近は睡眠関連のサプリも多く登場していて、機能性表示食品のタイプのものもあります。


忙しい人におすすめのストレス太り解消のやり方

睡眠の質を上げることと同時に意識したいのがストレスケアです。ストレスは心身のバランスを崩して体質を変えてしまいます。仕事の効率が下がり、活発に体を動かせなくなる。それなのに食欲は増えるという最悪のスパイラルに入ってしまいます。そうならないように、ストレスはきちんと日頃からケアしておきましょう。

さらに、ストレス太り解消法!ストレスで太る人の特徴と解決法も取り入れて、みてください。

忙しさに流されてしまうと、やがてそれが体に脂肪となって蓄積されてしまいます。忙しい中で短時間に効率良くダイエットできる方法をご紹介してきました。忙しい方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。


関連記事
分食ダイエットとは?効果的な時間と量、メニュー
太りにくい!ダイエットに理想的な1日のスケジュール
どれくらいが適量?健康的な腹7分目ダイエットとは




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。