たてまつり縫い

縫い目が布端に対して直角になるように縫いつけます。流しまつり縫いよりも、布の端をぴったりと落ち着かせる事が出来ます。アップリケをつけたりする時にも用います。

【たてまつり縫いの手順】
縫い目が布端に対して垂直になる

縫い目が布端に対して垂直になる

1:流しまつり縫いとほぼ同じ手順ですが、縫い目が布端に対して直角になるように布をすくいます。縫い代の裏から針を出したら、すぐ上の表布の織り糸を1~2本すくい、針を縫い代の裏から出します。この作業を繰り返します。
 
裏側の縫い目

裏側の縫い目

2:裏側から見ると、画像のような仕上がりになります。
 

ミシンがなくても、まつり縫いをすれば手縫いでズボンやスカートの裾上げができます。ぜひ、試してみてください。

≫≫流しまつり縫いのやり方に戻る

<裁縫の基本>
かがり縫いの仕方
返し縫いの仕方
玉結びの仕方
ボタンの付け方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。