短期ダイエットの注意点

短期ダイエットはなぜ危険?

短期ダイエットはなぜ危険?

「短期間で大幅に体重を落としたい!」とダイエッターなら誰もが願うもの。ただし、そこには危険や落とし穴がいっぱいです!

そこで今回は、正しいダイエットを通して健康的なスリムボディを手に入れるために、短期ダイエットの注意点や、よくあるNGをとりあげていきたいと思います。

以前の記事『「短期ダイエット」成功のコツと注意点!』でも触れていますが、短期間で体重が減る理論というのは、体内の水分量が減少→エネルギー不足で筋肉や骨が軽くなる→体重が減るということ。つまり、脂肪細胞が減ったわけではありません。

短期間でのダイエットで体の無駄な脂肪を落とすことは難しく、効果にもバラツキがあるといえるでしょう。特に女性の場合は、生理周期と体重増減には深い関係があるもので、体内の排泄物除去や水分調節という機能の周期が約1ヶ月であることも覚えておく必要があります。

短期ダイエットの期間は1週間~最長でも2週間を目安に行うようにしましょう。

 

やってはいけないNGダイエット法

NGダイエットの理由とは!?

NGダイエットの理由とは!?

「食事抜きダイエット」や「単品ダイエット」はNGです。どちらもすぐに体重が落ちるため、短期集中で実践される方も多いと思いますが、この2つのダイエット法の落とし穴をご紹介しましょう。

■「食事抜きダイエット」
食事を抜くダイエットとして「1日1食だけ」「1日2食だけ」というように食事の回数を減らす方法があります。これらは、食事の回数が減ることでカロリー摂取量も抑えられて効果的なように思われがちですが、それは×。

食事と食事の間隔が空くと、体は軽い飢餓状態に陥ります。飢餓状態に陥ると体は生命維持機能「ホメオスタシス」を活発にして、次の食事のエネルギーを脂肪として蓄積しやすくします。このサイクルを繰り返すと、少しの食事量でも脂肪として蓄える体質になってしまうので、結果、太りやすい=リバウンドしやすい体質になってしまうのです。

■ 「単品ダイエット」
また、ゆで卵、バナナ、りんご、ヨーグルトなど、ある食品だけを食べ続ける単品ダイエットも、短期的にはすぐに体重が落ちますが注意したいもの。

単品だけでは栄養バランスが偏ることで、貧血や肌荒れを起すデメリットもあり、また、リバウンドもしやすいものです。「食事抜きダイエット」と同様、一つの食品だけを食べ続けることは、体の生命維持機能「ホメオスタシス」を活発にさせ、飢餓に備えた「溜め込みモード」になるのでダイエット効率を悪くさせます。

さらに、以上の2つのダイエット法の場合、目標体重を達成したからと普通の食事に戻すと更に恐ろしいことが!

それは、体が「溜め込みモード」のままカロリーを脂肪に変えてしまうで、あっという間にリバウンドしてしまうことです。そして、満足感が得られない食事で飢餓状態になった脳は、何を食べても満足できずに太りやすくなるデメリットがあることを覚えておきましょう。