ついつい一喜一憂してしまう、体重1kgの意味について考える

体重1kgの増減はよくあることですが、ダイエット中となると一喜一憂してしまうもの。でも、「この1kgって脂肪なの?水分なの?」「カロリーにすると何kcal?」「1kg分の食べ物を食べたら1kg増えるの?」「脂肪を1kg減らすにはどうすればいいの?」などなど……1kgの持つ意味にはいろいろあるものです。

そこで今回は、「ダイエット中の1kgアレコレ」を解説していきたいと思います。

1kgを減らすための消費カロリーってどのぐらい?

1日230kcal減らすペースで!

1日230kcal減らすペースで!

1kg体重が増えた程度でカラダが重く感じることはないと思いますが、米の1kgを持ってみると結構な重さを感じるものです。

また、1kgの脂肪をカロリーにすると約7000kcal。つまり、7000kcalを消費しないと体重が1kg減らないということになります。

では、どうやってこの1kgを減らしていけばよいか?

ダイエット中の体重を減らすペースというのは、1カ月に1kgぐらいずつ減らしていくのが理想。7000kcalを30日(1カ月)で割ると、1日約230kcalずつ減らせばよい計算になります。

例えば、230kcalを食べ物に置き換えるとご飯1杯分(140g)、運動で消費するならウォーキング80分、エアロビクス40分、サイクリング60分強が必要となります。

日常生活でも、おやつを控えたり甘いドリンクをお茶にするなど常に230kcalを意識してみる。または、歩く時間を80分増やしてみるといったことを積極的に行っていくとよいでしょう。

1kg分の食べ物を食べたら1kg増えるもの?

食事は230kcal減らすのを意識して!

食事は230kcal減らすのを意識して!

たくさん食べた翌日に体重を計るとすぐに体重に反映されるケース、または全く変わっていないケース、そして逆に減っている? なんてケースがありませんか?

食べた物の90%以上は水分といわれています。例えば、全体の重さが1.5kgぐらいの食事を摂ったとしても実際は150gぐらいで、水分は排泄物(尿、便、汗)として体外へ排出されます。仮にこの150gが全部脂肪になったとしても、脂肪には20%の水分が含まれているので、増える脂肪量は180g程度となります。

人間のカラダは「1kg食べたから1kg増える!」といったような単純なものではなく、体重の変動には色々な要素が密接に影響しています。体脂肪、筋肉量、体調、ホルモン等々、日々の変動は他の要素がとても大きいものです。

つまり、毎日の体重変化に一喜一憂せず、1カ月に1kgぐらいずつ減らすペースを理想とし、食事や運動をコントロールしながら、リラックスしてダイエットに取り組むようにしましょう。