お礼メールのポイント1:「物」よりも「心遣い」に感謝しよう

お土産,お礼,メール,お土産お礼メール,手土産,お酒もらった,お礼のメール,いただきものの御礼,土産,お裾分け,御礼,感謝

心遣いへの感謝を忘れずに書こう


長期休暇に旅行したり、帰省した人からお土産をもらうのは、なんとも嬉しいものです。取引先からお菓子を頂いたり、上司から差し入れをもらうこともありますね。自分の好みとマッチしたなら、喜びもマックスに。すかさずお礼を伝えましょう。でも、ちょっと待った!忘れてならないのは、物より心遣いに感謝することです。相手がわざわざ自分のために品物を選んでくれた。まずは、その心遣いにキチンとお礼を伝えるのがマナーです。

『今日はお心遣いの品をくださり、ありがとうございました。○○さんのお心遣いに感謝いたします。いつも私どもの方がお世話になっていますのに、お心遣い恐縮でございます』
 

お礼メールのポイント2:味や感想は具体的に

心遣いに感謝した後は、2つめのお礼を書きます。ここでは物にフォーカスして、具体的な感想を添えてみるとよいでしょう。では、悩まず書けるように例文を載せてみますね。

■帰省した人から故郷のお菓子をお土産にもらったとき
『秋田角館ならではの銘菓をくださいまして、ありがとうございます。湯布院にしか売っていない、噂のスイーツを初めて戴くことができました。ルビー色の地ビールだなんて、さすがに湘南はお洒落ですね』

誰だって故郷をほめられると嬉しいものです。相手のハートをくすぐりましょう。

■限定品や人気のお菓子をもらったとき
  • 『軽井沢にある老舗ホテルのジャムは、さすがに手作りなのですね。数量限定のお品とのこと、食べるのがもったいないくらいです。もしかしたら、暑いなか行列に並んで買ってくださったのでは?』
  • 『○○味のポッキーがあるなんて驚きました』

「名店」「高級品」「限定品」「なかなか手に入りにくいもの」などと書けば、「違いがわかる人」と思われます。

■野菜や果物、手作りのものをお裾分けされたとき
  • 『スーパーで買うものとは、まるで鮮度や甘味が違いますね。お手製の○○を早く戴きたくて、今日は寄り道をせずに帰りました』
  • 『「こんなに大きなさくらんぼは初めて!」と、子供たちが大喜びしていました』

贈答品はもちろん、自家栽培や手作りのものならなおさらのこと、自分で買うものとの違いを書くと喜ばれるでしょう。

■化粧品をもらったとき
  • 『久しぶりに鮮やかな色のネイルをしたら、お出かけしたい気分になりました』
  • 『家事で手が荒れるもので、今日からこのハンドクリームを愛用いたします』
  • 『ボディクリームの香りに癒されて、ぐっすり眠ることができました』
  • 『脂取り紙は欠かせませんし、なにより京都の高級品なので、とても嬉しいです』
  • 『私は化粧品に疎いのですが、なにやら家内が(娘が、母が)大変喜んでおります』

男性が化粧品をもらった場合、感想が詳しすぎると却って引かれるかもしれません。「女性向けのギフトだな」と思ったら、家族に渡し、喜んでいたことを伝えるのがスマートといえます。
 

最後が「お礼まで」ではそっけない

よくあるお礼メールの結びは、「お礼まで」です。でも、なんだかそっけないのも事実。そこでおすすめしたいフレーズがあります。
 
  • 『近いうちに 旅の話をお聞かせください』
  • 『次回お目にかかったとき、よろしければ写真を見せてください』
  • 『さっそく○○さんのフェイスブック(ブログ)にコメントを書きました』

結びには、「土産話を聞かせて」「写真を見せて」「SNSを見ました」などと書いてみましょう。喜ばれるコツは、自分がされたら嬉しいことを書くことです。さあ、あなたもスマートなお礼メールで、自分もみんなもハッピーにしませんか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。