1年のうちで紫外線が最も強いといわれている5月~9月。特に7月と8月は、肌だけでなく、髪の紫外線ダメージにも注意する必要があります。皆さんは、ヘアケア対策をしていますか? また、それは髪表面だけのケアではありませんか?
5

トリートメントだけでは不十分!?



紫外線が及ぼす髪への悪影響

6

つや髪を目指すなら……

強い紫外線を浴びていると、髪の表面が傷付きやすくなります。また、夏の間の過剰な皮脂が紫外線によって酸化したり、老廃物が毛穴に詰まって、健康な髪の成長を妨げることも。

つや髪を手に入れ、維持していくためには、この時期こそ重点的なヘアケアをすべきなのです。

そこで今回は、外側からのヘアケアと同様に大切な内側からのケアとして、『紫外線にも負けないつや髪をつくるサプリメント』をご紹介します。


ワカメだけじゃ髪のケアには不十分?

4

海藻類はつや髪の味方

「髪に良いのは、ワカメや昆布!」というイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 確かに海藻類にはミネラル分の他、ビタミンや食物繊維も豊富で、それらの成分は髪をつくるためには必要不可欠。

さらに、昆布やヒジキにはヨードが多く含まれています。ヨードには新陳代謝を促進する効果や、成長ホルモンの分泌を助ける効果があるので、美しい髪を育てるためにはとても良い成分だと言えます。

でも、そもそも髪の主成分はたんぱく質。海藻類だけでは、つや髪を手に入れるには十分ではありません。そこで、効果的に髪に良い成分を摂取するためにオススメの3大成分をご紹介しましょう。