食べて痩せよう! ダイエットに効くスーパーフード 主菜・乳製品はコレ!

糖尿病・高血圧・がん・心疾患・脳血管疾患などの慢性疾患の予防、骨を強くする、関節に効く、視界をクリアにする、など様々な健康効果のあるスーパーフードの中でも、ダイエットに効く「痩せるスーパーフード」があります。その食材を食事バランスガイド(※農林水産省)にある、主食/副菜/主菜/牛乳・乳製品/果物/菓子・嗜好品 の区分別にピックアップしました! 今回は『主菜と乳製品』をご紹介します。

『主食と副菜』編はコチラ!

『果物と菓子・嗜好飲料』編はコチラ!

このダイエットに効くスーパーフードの中から食材を選び、バランスの良い、健康的でダイエット力の高い食事を摂りましょう!
 

主菜

■鮭
salmon

アンチエイジング効果の高い鮭も優良ダイエット食材

鮭の注目されるべき栄養素は何と言ってもアスタキサンチン。なんとビタミンEの1000倍もの抗酸化力があるというから驚きですが、ダイエットに鮭がいいとはあまり聞かないですよね?

でも実は鮭もダイエットに効くスーパーフード。鮭には良質なたんぱく質や豊富なビタミンが含まれていますが、その中でも脂肪燃焼を助けるビタミンB群のすべてとビタミンDを多く含んでいます。調理時に油を加えなくても満腹感を得られやすいのでカロリーも控えられGOODですし、良質な脂質の一価不飽和脂肪酸もぎっしり!

以前の研究では不飽和脂肪酸を多く含む魚を食べた人の方が、低脂肪ダイエットを行った人より減量に成功する割合が高いことがわかっています。

鮭の皮はコラーゲンが豊富ですし、そのすぐ下には不飽和脂肪酸がぴったりくっついでいますので、食べる時はぜひ皮ごと食べて下さいね!

■卵
以前は卵に含まれるコレステロールが心臓病のリスクを増加させるのではないかといった誤解があったようですが、実は卵も健康効果の高いスーパーフードのうちの1つ。1個70~80kcalと低カロリーなのに良質なたんぱく質(特に必須アミノ酸)がバランス良くぎっしり詰まっていて、ビタミンDやビタミンB12、強い抗酸化力をもつセレンなども含み栄養が豊富。

その上ダイエットにも効果がある事も最近の研究ではわかっているので、ここで卵についての悪いイメージは取り払ってしまいましょう!

実は卵に含まれるたんぱく質には食欲を抑制させる効果があるのです。特にオススメなのは朝食。朝食に卵を食べた肥満気味の女性とそうでない肥満気味の女性を比べた場合、前者の方が2倍近くの減量に成功したという調査結果もあります。朝食に卵を摂ることでその後1日を通して空腹を感じづらくなり、摂取カロリーが控えられるのだそう。

卵というとコレステロール値を心配される方も多いと思いますが、1日1~2つの卵を摂るくらいではコレステロール値に差は出ないようで、むしろ善玉コレステロールを増やすという報告もあります。バランスのいい食事を心掛け、朝食に1つの卵を試してはいかがでしょうか?

まだまだ続く主菜。ここからは豆・豆・豆のオンパレード!