食べて痩せよう!ダイエットに効くスーパーフード 主食と副菜はコレ!

スーパーフードとは栄養素がぎっしり詰まった健康効果の高い食材の事。骨を強くしたり、糖尿病・高血圧・がん・心疾患・脳血管疾患などの慢性疾患を防ぐ働きがあったり、その他にも、目にいい、脳にいい……など、健康の助けとなる栄養素がたくさん含まれている食材です。日頃から積極的に摂りたいスーパーフードですが、その中でもダイエットにも効果を発揮する「痩せるスーパーフード」があるのはご存じですか?

今回はその食材を食事バランスガイド(※農林水産省)にある、主食/副菜/主菜/牛乳・乳製品/果物/菓子・嗜好品 の区分別にピックアップした、『主食と副菜』をご紹介します。

『主菜と乳製品』編はコチラ!
『果物と菓子・嗜好飲料』編はコチラ!

このダイエットに効くスーパーフードの中から食材を選びバランスよく食事をすることで、健康的でダイエット力の高い食事を摂る事が出来ます。食べることが我慢できないダイエッターは、まず、量よりも質に目を向けて意識改革から始めてみるのはいかがですか?

主食はこの3つから選択!

■オーツ麦
oats

やはり茶色い穀物は最強!

慢性疾患の予防に効くオーツ麦には豊富な食物繊維が含まれていて、一日を通し満腹感を持続させる効果が期待できます。そして、代謝を促進させ脂肪燃焼効果のあるヘルシー糖質と呼ばれる「レジスタントスターチ」が1カップに9.2gも含まれています。まさに食べて痩せる!の代表格。

■玄米
この3つの主食の中では一番日本人に馴染みのある玄米は、白米よりもビタミンやミネラル・食物繊維を豊富に含んでいる上、前述のヘルシー糖質「レジスタントスターチ」が1カップに3.4g含まれているため、健康志向の方はもちろんダイエット中の方は日常的に玄米食を摂るように心がけましょう!

■キヌア
まだまだ私達日本人には聞きなれない穀物「キヌア」は(キノアと表記されることも)南米原産の全粒穀物で、栄養価がとても高いのが特徴。白米よりも栄養価の高い玄米と比べても、たんぱく質・カルシウム・食物繊維・良質な脂質・鉄・マグネシウムなどほとんどの栄養素の含有量が多いにもかかわらず、カロリーは若干低め。腹持ちもいいので他の食事や間食の食べ過ぎを防いてくれます。

このキヌア、積極的にダイエットに取り入れて欲しいのですが1つだけ注意が必要です。キヌアには赤血球を破壊する性質を持つサポニンも多く含まれているため、調理の際は十分な水洗いと加熱調理をして下さい。若干独特な風味を感じる方もいるので、始めは白米に混ぜたり炊き込みご飯にしたり、カレーやスープに足したりして摂るのがオススメです!炊く時に少量にオリーブオイルとお塩を足すのもいいでしょう。

 主食は決まった。次は副菜!>>>