肌が皮脂でベタつく、メイクをしてもすぐ崩れてしまう……。春~夏にかけて、こんな状態になるのは「そういう季節だから仕方ない」とあきらめていませんか?

また、そんなとき自分で対策できる肌コントロール法といえば、あぶら取り紙で過剰な皮脂をオフしたり、メイク直しをするくらいしかイメージが沸かないかもしれません。でも、身体の内側からも、肌コントロールをする方法があるのです。

1

おでこのベタつき、どうする?



肌コントロールの強い味方!ビタミンB2・B6

3

ビタミンは組み合わせて飲むことで効果UP。

体の調子を整えるためにも摂っておきたいビタミン類。ビタミンB群は、肌荒れ予防や皮脂コントロールにも重要な役割を担っています。サプリメントで摂取する場合、様々なビタミン類が含まれる『マルチビタミン』をチョイスするのも一つの手ですが、それぞれの成分の役割を知っておくことで、ピンポイントの悩みケアにも役立ちます。

・ビタミンB2の働き

体内で食物からエネルギーを作りだす際に働く、水溶性のビタミン。ニキビの原因は皮脂の分泌が大きく関わっていますが、ビタミンB2は、皮脂量をコントロールする効果があり、肌の代謝が悪くなると発生するニキビのケアに欠かせない成分です。

不足すると皮脂が分泌されすぎてしまうので、不足しないように常にサプリメントで小まめに摂取しましょう。

・ビタミンB6の働き

ビタミンB群の中でも肌の不調対策に良いのは、ビタミンB6。ビタミンB6は、肌に運ばれたアミノ酸自体に働き掛け、肌トラブルの回復をサポート。さらに、皮膚の抵抗力を強める働きがあります。

不足すると、貧血や口内炎・皮膚炎を起こす原因になることもあるので、不足がちにならないよう注意が必要です。


肌ケアにも役立つビタミンCは万能選手!

2

イチゴなら5~7粒で1日分のVC摂取量。

ビタミンB群と一緒に摂りたいのが、ビタミンC。ビタミンC=美容のイメージも強いのではないでしょうか。ちなみに成人の1日のビタミンC摂取量は80mgとされていて、果物や野菜にもたくさん含まれていますが、毎日必要量摂取するのが難しい場合は、サプリメントを活用しましょう。

抗酸化力が強く、免疫力アップ効果もあるビタミンCは、コラーゲンの生成にも関わっている、肌コントロールにも欠かせない水溶性ビタミンです。

しかし、ビタミンCは何気ない生活習慣を送っていても失いやすいもの。特にタバコやお酒を好む方はビタミンCが失われがちなので、小まめに摂取しましょう。