イグアスの滝へ日帰りで!モデルスケジュール

一日しかなくても世界最大の瀑布を堪能したいundefined写真提供:アルゼンチン観光局

一日しかなくても世界最大の瀑布を堪能したい 写真提供:アルゼンチン観光局

世界最大の水量と迫力を誇る瀑布イグアス。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイにまたがる壮大なスケールで、アルゼンチン旅行では外せない観光スポット。

ブエノスアイレスからは1300km離れた場所なのですが、実は日帰りでも楽しめるのです。ここでは、短いアルゼンチン旅行で効率よくイグアスへの旅をするモデルコースを紹介しましょう。  

7:00~10:00 ブエノスアイレスから飛行機でイグアスへ

まず、ブエノスアイレスからはもちろん飛行機移動です。時間があれば、バス移動もちろん可能ですが、20時間前後はかかるので短期旅行の場合はオススメできません。

飛行機の場合、やはり便数の多いアルゼンチン航空を選ぶのがベスト。国内線はホルヘ・ニューベリー空港からが大半ですが、朝一番の7:00発の便はエセイサ国際空港より出発します。お間違えの無いように。

2時間ほどでイグアスの空港に到着します。そこからイグアス国立公園の入口へは、タクシーで約20分。また、空港からバスも出ているので、そちらも利用できます。

入場料は、大人料金で170ペソ(約3400円)。また、エントランスのビジターセンターで、事前に滝の形状や公園内で見られる動物などを予習。各種ツアーの申し込みもできるので、希望があれば事前に申し込んでおきましょう。
 

10:00~12:00 イグアスの滝、最大の見所「悪魔の喉笛」見学

なんといっても最大の見どころは「悪魔ののどぶえ」

なんといっても最大の見どころは「悪魔ののどぶえ」

イグアス国立公園内には小さな鉄道が走っている。

イグアス国立公園内には小さな鉄道が走っている。

国立公園内には小さな鉄道が30分おきに走っているので、まずはそれに乗って一番奥まで向かいます。終点は「Garganta del Diablo」駅で、所要時間は約15分。“悪魔ののどぶえ”と呼ばれる最大の瀑布へは、ここからトレイルを1kmほど歩けば到着。もうもうと水煙が立ち上っているのが見えてきます。水しぶきを浴びながら、大迫力の滝を堪能してください。

じっくり楽しんだ後は、再びトレイルを駅方面に向かって戻ります。途中で動物たちに出会えるかもしれないので、ゆっくりと周りの風景も楽しんでみてください。
 

12:00~14:00 イグアスの滝を下から眺めるエリアへ移動!

上から見ても下から見ても、滝の美しさは不変undefined写真提供:アルゼンチン観光局

上から見ても下から見ても、滝の美しさは不変 写真提供:アルゼンチン観光局

鉄道で「Cataratas」駅まで戻ると、そこからもトレイルが始まります。散策する前に、駅前のカフェテリアで腹ごしらえしておきましょう。もちろん、水分補給のための飲み物も忘れずに。

まずは、滝の上部を歩くトレイルへ。いくつもの滝が流れ落ちる様子は、まるで絵はがきのように美しいものです。のんびり散策しても30分程度。

続いては、滝の下の方へ降りるトレイルへ。うっそうとしたジャングルの中を、どんどん降りていきます。鳥や小動物なども見ることができるので、注意しながら進みましょう。時折、木陰から滝の姿も見えます、一番下まで行くと水辺に出るので、そこからも滝の姿を見ることができます。