・魚料理
イトヨリのグリエと春キャベツundefined温かいヴィネグレットソース

イトヨリのグリエと春キャベツ 温かいヴィネグレットソース

魚料理はイトヨリのグリエ。下には春キャベツを敷き、そこに酸味の効いたヴィネグレットソース。そして、魚料理に抜群の相性を誇る「ディル」と「パセリ」のピュレが寄り添うようにイトヨリの旨味を引き立てます。シェフの高い技術力と経験値、センスの良さが生み出す、季節感と素材感の凝縮した一皿ですね。

・肉料理
ビゴール豚のロティundefinedアンコールペッパー風味ソース

ビゴール豚のロティ アンコールペッパー風味ソース

肉料理は「ビゴール豚のロティ」。やはり豚肉は白身(脂身)の甘味(旨味)が魅力だということを存分に実感させてくれる絶妙な仕上がりです。しかもソースには珍しいアンコールペッパー(生胡椒)が入っており、この山椒のような刺激が食欲を一層、刺激してくれます。

・プレデセール
清見オレンジのサラダundefinedソーテルヌのジュレ

清見オレンジのサラダ ソーテルヌのジュレ

肉料理の後はさっぱりと柑橘系のプレデセールが登場。清見オレンジの果実とソーテルヌのとろりとしたジュレ。そこに冷たいアイスクリームによるパフェのような構成となっています。

・デセール
「ココナッツとバナナの温かいタルト」と「チョコレートのテリーヌ」

「ココナッツとバナナの温かいタルト」と「チョコレートのテリーヌ」

そしてデセールは「ココナッツとバナナの温かいタルト」と「チョコレートのテリーヌ」と2種類! カラメルソースが添えられたココナッツとバナナの温かいタルトは温かく、柔らかしっとり食感で、それぞれの相性の良さと素材感を魅せつけてくれましたね。

チョコレートのテリーヌも濃厚かつ甘さ控えめで、高い完成度。テリーヌの上には、店前で育てられている生の「さやえんどう」が添えられていて、この食感が面白い! 生さやえんどうの上に乗せられているライスパフと一緒に口に入れると、サクサクとパフパフが合わさり、まさに新食感。こういう遊び心も見事に決まってますね。

・食後のお飲み物と小菓子
グリオットのフィナンシェ

小菓子は「グリオットのフィナンシェ」

食後はコーヒーやエスプレッソ、紅茶、アンフュージオンからの選択。アンフュージオンにはフランスの「オーブラック」産はちみつが添えられ、これがまたアンフュージオンと良く合うのです。

京にまた一つ、超新星フレンチが誕生

目印

路地奥、この白い壁が目印です。

グランメゾンから京都の路地の奥まった町家に居を移し、再起動を始められたばかりの森永シェフ。素材を大切にしながら飽きさせない変化に富んだ調理法で、流れるように見事なコースに仕立てられていました。綺羅星のような名シェフ達から受け継いだ教えも宝に、徐々にご自身の新境地を切り開いて行かれることでしょう。

また、フランス料理店というと、敷居が高くて緊張してしまうイメージがあるかもしれませんが、森永シェフを始め、長井支配人による温かい接客が生み出す雰囲気はとてもアットホームですので、まさに店名の通り、「森永さんち(La famille Morinaga)に招かれる」そんな感覚でリラックスして食事を愉しめるのも良いですね。今後は地元の人達だけではなく、日本中から愛される人気レストランとして京の地に根付いていかれることでしょう。


<DATA>
・店名: La famille Morinaga
・所在地:京都市中京区蛸薬師通新町西入 不動町175-5
・アクセス:阪急電鉄「烏丸駅」徒歩約8分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-223-3120
・営業時間:11:30~13:30(LO)、18:00~20:00(LO)
・定休日:日曜、月曜
・注意事項:音の発生する機材による写真撮影は禁止です。

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。