胸を開く効果も高い『プローン・エルボ―アップ』


上体を引き伸ばすように上げましょう。

上体を引き伸ばすように上げましょう。

1. 最初に楽なうつ伏せの姿勢になり、軽く脚を閉じておきます。そこからカラダの軸を探すつもりで背骨を長くし、胸を開くようにゆっくり上半身を床から浮かせていきましょう。肩の下あたりに肘がくるようにセットします。この時首が短くならないように注意しましょう。





二の腕の裏を意識し、肘を床から少し上げるだけ。

二の腕の裏を意識し、肘を床から少し上げるだけ。

2. そこから息を吸って吐きながら、肘を床からわずかに浮かせ、この時に上腕三頭筋(二の腕の裏側)に意識を向けます。ここでも首を出来るだけ長く保ち、肩周りを安定させたまま動くようにしましょう。おへそを天井の方向へ持ち上げておくつもりで、お腹の内側の緊張を保ち、お腹の外側は上下に引っ張り合うイメージを持ってみてください。この肘の小さなアップ&ダウンを、息を吐いて上げる、吸って下ろすのリズムで繰り返します。(3~12回)




この1~2の姿勢をとるのがつらいと感じる時は、うつ伏せで肩に横の床に手のひらを付き、そこから息を吸って吐きながら、無理のないところまで上体を浮かせ、吸いながら戻る動きを繰り返しましょう。


どちらの動きも、二の腕の上腕三頭筋を意識して動けましたでしょうか。。肩が上がらないように気を付けながら、振袖とサヨナラするためにも引き締めていきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。