よい関係を築くための第一歩とは?

コーチング

よい関係は築くためには取り組みが必要

相手とよい関係を築くために、あなたは普段どのようなことを意識していますか?

すでにいろいろな技を持っている方がいる一方で、関係性とは自然につくられるものと特に意識していない方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方にもぜひここで考えていただきたいのですが、もし意識的に新しいメンバーとよい関係をつくるために何かするとしたら、まず最初にどんなことに取り組みますか?

新しい関係のはじまりに必ずつきまとうのが「緊張」です。

「相手は自分のことをどう思っているんだろう?」
「何かまずいことを言っていけない」
「この人は味方か、敵か」

このような緊張は、私たちが生き残るために身につけた動物としての知恵ではあるのですが、ずっとこのストレス状態であるのは好ましくありません。なにより、緊張ガチガチの相手と有意義な会話を交わしたり、よい関係を築くのはとても難しいでしょう。

そこで、今回は意識的に関係構築を行っていくための第一歩として、緊張を解くための手法をご紹介します。

自分の緊張も同時に吹き飛ばす魔法の一言

新しいメンバーや新しい環境に実は自分も緊張してしまう。
そんな方のためにまずはお互いの緊張をいち早く解くための一言をここでご紹介しましょう。

それは、

「実は私も緊張しています」

という正直な告白です。

まず自分のほうがオープンになることが相手の警戒心を解く第一歩になります。同時に、お互いに緊張している、この「同じ」という感覚が相手との距離をぐっと近づけます。

これは「自分の思っていることを伝える」という、1つのアイスブレイクの形でもあります。

では、その「アイスブレイク」とは?