じっくり話し合いながら創り上げてゆきましょう!

オーダー例3

クセのない足入れ感が自慢のInvernessモデルの外羽根式セミブローグも、同色異素材コンビにすると印象がガラッと変化します。アッパーの縫い糸の白が効いています! これと同じ仕様で税込み5万3550円(SHETLANDFOX 日比谷店 TEL:03-5220-2485)

前のページでモデルごとの特徴を書かせていただいたのには、実は訳があります。モデルによって、選べる仕様を敢えて微妙に変えているからで、例えばアッパーの革については、今回用意されたものが全てのモデルに使えるとは限りません。

より具体的に申し上げると、前回のREGAL TOKYOの記事でご紹介したキップ揉み革である「四方揉み」の革がこのオーダーフェアでも登場しているのですが、GlasgowやフラッグシップであるKensingtonの2モデルにはこの革の設定がありません。これらのモデルの木型の特徴や靴の形状に吊り込む際の様々な工夫が、この革の持ち味を却って封じてしまうからです。逆に言うとディテールの選択肢の違いこそ、SHETLANDFOXの靴のモデルによる性格の明確な違いを象徴している、つまりそれぞれのモデルが個有する細かいノウハウを積み重ねた上で一足の靴に丁寧に作り込まれている、何よりもの証拠なのです。

ですので詳細なディテールについては、靴に関する知識・経験双方共に豊富な日比谷店の店員さんと、オーダーの際にじっくりやりとりしながら選んでゆくのが絶対にお勧め! このブランドの靴の最大の売りである「最先端の履き心地」を十二分に味わうためにも、まずは自分の足と相性の良いモデルとサイズを選ぶところから始めて行ってください。


ソックシート

パターンオーダーで選択可能なインソール各色です。表からはまず見えない・見せないものですが、こんな点にこだわれるのもオーダーならでは。因みに金文字の”HIBIYA”は同店のパターンオーダー品にしか付きません。更には向かって一番右のグレーも同店のみで選択可能な色です。

SHETLANDFOX パターンオーダーフェア
  • 期間:2013年2月21日(木)~3月20日(水・祝)
  • サイズ:5ハーフ~9 (JIS23.5~27.0相当)なお、Inverness、Aberdeen、Kirkwall、Speysideモデルについては5(JIS23.0相当)もオーダー可能です
  • 価格:あくまで目安ですが、各モデルの既製品+1万円前後。選択したアッパーの革やディテールなどにより変動します
  • 納期:2013年6月末頃を予定

【お問合せ先】
SHETLANDFOX 日比谷店
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館1F
地図: Yahoo!地図情報
Tel:03-5220-2485
営業時間:11:00~20:00 
定休日:水曜日(ただし祝日の場合は営業)
HP:SHETLANDFOX


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。