REGALならではの選択が可能!

四方揉み

今回の限定受注会で注目すべきは、選べる革の豊富さ! それを代表する国産キップの「四方揉み」の革です。一般的な型押し革とは似て非なる繊細な表情は手作業でしか出せないもので、もはやなかなか味わえない貴重品。写真向かって左から、紺・茶・黒の三色から選べます。

今回の「#50」木型限定受注会では、単に靴のスタイルだけでなく、凝ったディテールが豊富に選べるのが魅力です。アッパーの革だけでも、REGAL TOKYOで通年受注可能なBuild to Order Systemで選べるものの他に、この受注会限定のものが二十数種類登場しています。中でも注目は、上の写真にあるような「四方揉み」と呼ばれるキップ揉み革でしょう。革の表面を内側にして畳み、その上に裏面がコルク等で出来た船底状の「ボーディングボード」を置いて手で縦横に揉みしごくことで、革に細かい四角形状のシボを出すと共に柔軟性を加えたもの。薬剤でシボを出すシュリンクレザーやプレスを通じてシボを出す型押し革とは風合いが全く異なる、世界的に見てももはや限られた職人のなせる業です。

スタイルも外羽根プレーントウ・外羽根式ロングウィングチップサドルシューズ・外羽根式Uチップ・外羽根式ロングウィングチップブーツ・それにチャッカブーツとREGALが得意とするアメリカントラッドそのものの6種類! 紐を通す鳩目も、アッパー表面には出て来ない通常のものだけでなく、そこに露出させる「外鳩目」仕様も選択可能で、微妙ながら決定的な両者の表情の違いも楽しんでいただけます。また、つま先に付けるメダリオンも3種類の中から選べ、それを敢えてプレーントウに付けたり、逆にロングウィングチップでそれを外すことも可能です。

驚くべきは製法が2種類から選べること! このメーカー伝統のグッドイヤー・ウェルテッド製法だけでなく、製造設備の関係で日本では事実上REGALの独占状態である「リバース・ウェルテッド製法」が選択できるのです(オプション料金が税込み2100円掛かります)。こちらは靴のアッパー・ライニング・インソールとアウトソールとを繋げる細革(ウェルト)が、靴の内部に潜り込まず外側にL字状に完全露出するので、前者では表に見えない掬い縫いの糸が靴の側面に現れ、靴にカジュアルかつ重厚な表情が加わります。なお、通常のグッドイヤー・ウェルテッド製法でも、ウェルトの仕様は4種類の中から選べます。
リバース・ウェルテッド製法

この受注会でオーダー可能なリバース・ウェルテッド製法の靴の側面です。上方にあるピッチが長い方の縫い糸が、通常のグッドイヤー・ウェルテッド製法では靴の中に隠れてしまう「掬い縫い」のもの。アウトドア的な雰囲気が加味されるので、例えばオイルドレザーのアッパーなどとは相性抜群です。

他にもアウトソールとかライニングの色などが選べるのは通常のBuild to Order Systemと同様で、それぞれの仕様をどれにしようか迷うこと必至の内容です。完成は5月下旬以降とのことですので、例えば夏休みの予定とかを考えつつオーダーするのも楽しいかと思いますよ!


■REGAL TOKYO Last #50 Special 限定受注会
・期間:2013年2月22日(金)~3月3日(日)
・スタイル:6種類
・製法:グッドイヤー・ウェルテッド 及び リバース・ウェルテッド
・サイズ:23.5cm~27.0cm(0.5cm刻み)
・価格:いずれも4万4100円(税込み)~
→アッパーの素材や仕様等で価格が変動します。
・納期:2013年5月末頃を予定。

【お問合せ先】
■REGAL TOKYO
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-13 106GINZA BLDG 1F
地図: Yahoo!地図情報
Tel:03-3567-1400
営業時間:10:30~20:00 
定休日:元旦および不定休
HP:REGAL TOKYO
なお、このお店の最新ニュースはREGAL TOKYO REPORTにてお伝えしています。


追伸:REGAL TOKYOでは、この受注会に引き続き、今シーズンは以下の限定受注会も続々と開催予定です。こちらもご注目あれ!
1. Built to Order System 限定受注会
・期間:2013年3月22日(金)~31日(日)
・価格:4万4100円(税込み)~
・納期:2013年6月末頃を予定。

2. 工房九分仕立て 限定受注会
・期間:2013年4月19日(金)~29日(月・祝)
・価格:10万5000円(税込み)~
・納期:2013年7月末頃を予定。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。