プラセンタの正体は?

子ブタ

プラセンタには赤ちゃんのために集められた栄養成分がたっぷり

「プラセンタ」と言えば、「哺乳動物の胎盤」のこと。胎盤は、赤ちゃんの体に栄養を渡す唯一の場所(臓器)で、お腹の中の赤ちゃんは胎盤なしに育つことはできません。そのため、赤ちゃんに渡すための沢山の栄養や成長を助ける成分が集められています。それを加水分解という方法で細かくしたものがプラセンタ(胎盤加水分解物)なのです。

その中身は、アミノ酸、活性ペプチド、ムコ多糖体、ビタミン・ミネラル、核酸など、わかっているだけでも数千種類の成分が含まれています。そして、プラセンタの効果は、「この成分が○○に効果がある」というのではなく、様々な成分が相乗効果を生むことで得られるものと考えられています。

漢方薬が生薬の組合せによって現代の医学で解明しきれない効果を生んでいるのと同じで、プラセンタもまだ「どんな効果を持っているか」や、「効果が得られる仕組み」が完全に解明されていないというのが現状のようです。

ただ、人間以外の動物(草食動物も)は、出産後に胎盤を食べることで、体を癒し回復させていることを考えると、理由は抜きにして、私たちの体にとって良い効果をもたらしてくれるというのも納得ですよね。

プラセンタの材料としては「人」「豚」「馬」などがありますが、健康食品としては主に「豚」「馬」が利用されています。海外では「牛」「羊」など他の動物のプラセンタもありますが、狂牛病問題で厚生労働省が使用を禁止したため、日本では医薬品としては利用されていません。

プラセンタ製品のパッケージを見ると、ブタやウマで大きな違いがありそうな書き方がされている場合もありますが、プラセンタの主要成分であるアミノ酸の量は、「人」「豚」「馬」で大きな差がないことがわかっています。

では、何が違うのでしょう? 実は、プラセンタ「エキス」という表示の中に秘密が隠されていたのです!