レストランでの立ち居振る舞いやワインのマナーなどについて、今最も予約が取りにくいと言われる「東京ステーションホテル」のレストラン「ブラン ルージュ」のシェフソムリエ、鈴木利幸さんにお話を伺いました。

今回も、テイスティングやグラスの持ち方、ナプキンの遣い方… など気になるマナーとお得な情報をたっぷりお伝え致します。「ソムリエ直伝! ワインのスマートマナー 前編」とあわせてご覧下さい。


テイスティングはどこまでやるべき?

ステムの下方を持つ……

ステムの下方を持つ……

諏内:ワインのテイスティングについても「どこまでやるべき?」とのご質問をよく頂くのですが、実際どのようにするのがいいでしょうか?

鈴木氏:ある程度のランクのレストランであれば、基本的にソムリエが香り等のテイスティング済みなので、問題なくそのまま召し上がって頂けます。しかし、これもひとつのセレモニーですので、グラスを回し香りを確かめる、ひと口飲まれてみる、などされてももちろん結構です。

 


ワイングラスの持ち方

ステムの上方を持つ……

ステムの上方を持つ……

諏内:こちらも質問が多いのですが……。日本ではワイングラスのステム部分、欧米ではボウル部分を持つ方が多いですよね。実際にソムリエの立場からはどちらがお勧めなのでしょうか?

鈴木氏:確かに日本の方はほとんどがステムをお持ちになりますね。しかし、こちらも決まりなどはありませんので、お好きなようにお持ち下さい。

諏内:でも、ボウルを持つとワインの温度が変化してしまうなど、ソムリエ目線で気になりませんか?

鈴木氏:いえ、私は全く気になりません。 

ボウル部分を持つ……

ボウル部分を持つ……

諏内:グラスに指紋がついてしまう、なども?

鈴木氏:ええ、全く。

諏内:確かに、鈴木さんは湯呑みで召し上がるのがお好きなくらいですものね! ある程度周りの人に合わせながらも、ご自分で持ちやすい部分を持てばOKということですね。