成功者の共通点に、明るく爽やかな挨拶ができる!ということが挙げられます。
心に余裕があるから、誰に対しても、先手必勝で笑顔で挨拶ができるのです。
また、心に余裕があり、明るく前向きな性格だからこそ、成功されたのでしょう。
人生やビジネスもギャンブルに似ていて、お金や心に余裕がある人ほど勝つようにできています。
私は、神様も勝たせてあげる価値のないところには、お涙頂戴でも、勝たせくれないと思っています。神様もそう甘くないはずです。
成功するには、本人の実力、つまり努力あるのみ!だと信じています。
私もマナー講師としても、大人の女性としても、まだまだ未熟者ではありますが、こちらのコラムを通して、皆様とご一緒に成功に向けて頑張ってまいりたいと思います!

それでは早速、挨拶の基本を再確認し、明るいだけでなない、社会人としての挨拶の仕方を身に付けましょう。

あいさつとは                

a

挨拶はコミュニケーションの原点です!

 あいをこめて
 いつでも
 さきに
 つづけて

挨拶はよく、このように言われています。
挨拶は、ビジネスシーンのみならず、いつでも、どこでも、人との出会いにおける最初のふれあい!コミュニケーションの原点です!
ですから自分から積極的に明るく、爽やかな、好感度の高い挨拶をし、自分の気持ちをハッキリ表現することが、社会人としての挨拶です。
それでは、社会人としての挨拶のポイントを確認してまいりましょう。

 先手必勝

相手からの挨拶を期待せず、自分から挨拶すること。
基本的に、はじめに挨拶した人が、その後の会話の主導権を握ると言われています。
相手のペースにまきこまれ、挨拶のタイミングを逸してしまい、後で気まずい思いをする前に、先に挨拶しましょう。

例えば、私のCA時代のお話ですが・・・
ニューヨークのホテルのロビーでチェックアウトする際、「おはよう」と日本人の方から声をかけて下さいました。
私は乗務前ということと、チェックアウトで慌ただしくしており、ちゃんとした挨拶のお返事ができませんでした。
そして数時間後、機内でその方と再びお会いしてしまい、しかも、自分の担当のお客様として成田まで13時間ものサービスをした苦い経験があります。
もちろん機内で再会した際には、ロビーでの挨拶の件をお詫びいたしましたが・・・
あの時、こちらから先にご挨拶すれば良かったと、後悔したことがありました。

 アイコンタクト 相手の目を見ましょう!

a

アイコンタクトで自分の気持ちを表現しましょう!

例えば、「あなたに愛されたい」、「あなたと一緒に仕事がしたい」など・・・ご自分の気持ちを素直にアイコンタクトで表現しましょう。
相手の目を見ないで、よそを向いていては、自分の気持ちは伝わりません。
相手の目を見て気持ち良く挨拶することです。