前のページでは島原の歴史的街並をみました。最後のページでは島原の「住宅地的普通の街並」を見てみましょう。
島原

建物はそのままに今は普通の民家となっている建物も多い。

島原、喫茶

営業中の喫茶店。近所の人と思しき人で賑わっていた。

島原温泉

温泉がなんだか「近代的な新しい建物」に見えるから不思議だ。

ミニ戸建て、島原

最近に建てられたミニ開発の戸建ても散見された。

島原、ミニ戸建て

最近のミニ開発は外観が街並を壊さないよう工夫されている、と思う。

中層マンション、島原

中層の集合住宅も、数は少ないが見る事ができた。


古い木造建築物が並ぶ街並は多くありますが、長屋や寺社仏閣の街並とは違う雰囲気を持つ島原の街並、感じていただけましたでしょうか?

「元遊郭」というと、いかがわしいイメージがあるかもしれませんが、当時は不健全なイメージはなく、どちらかといえば「街の社交場」的感覚であった様です。当時と現代とでは文化も異なるため、今の常識で考えてはいけないという事ですね。「元遊郭」にすむなんて、なかなか粋なチョイスですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。