主要成分と効能

中国茶の効能

お茶には体に嬉しい成分がたくさん含まれているので、継続して飲み続けることで様々な効果が期待できます

お茶特有の成分には、カテキン、テアニン、カフェインがあります。その他、発酵度の低いものほど多くのビタミン類が含まれています。それらの成分には下記のような効能があり、心身ともにリラックスさせてくれます。

小動物を用いた基礎研究などで明らかになった研究結果をもとに、ヒトへの保健効果も確認されつつあり、今後、多岐に渡っての活用方法が期待されています。

  1. カテキン類: 抗酸化、抗アレルギー、抗ウイルス、抗虫歯菌、抗癌、抗菌、消臭、血中コレステロール上昇抑制、血糖上昇抑制、血圧上昇抑制、腸内菌叢改善など
  2. テアニン: リラックス効果、脳・神経機能調節
  3. カフェイン: 覚醒、強心、利尿作用、代謝促進
  4. ビタミン類: 美肌、消化促進、脂質過酸化抑制

聞香杯

細長い器が聞香杯(もんこうはい)。この中のお茶を茶杯に移してから、香りを楽しみます。

お茶特有の成分であるテアニンは、うま味が重視される日本茶に多く含まれているのに対し、中国茶では香りが重視されており、香りを楽しむための聞香杯(もんこうはい)という茶器があるほど。

聞香杯とは、細長い筒状の小さな湯呑みのようなもので、茶杯(ちゃはい)にお茶を移した後にそっと鼻に近づけて香りを楽しむための茶器です。

中国茶は、体に有効な成分が含まれているだけでなく、多種多様な香りを持ち、リラックス効果も大きいのが特長です。