「冬になると太っちゃう~!」という人も多いと思いますが、それはダイエットにとってもったいない話。冬は一年の中で本来最も代謝が上がる季節なので、そんなカラダのメカニズムを上手に活用しなければ損なのです!

ということで今回は、冬こそ代謝をグンと上げ、痩せ体質になるために必要な生活習慣&コツをご紹介したいと思います。

冬こそ痩せやすい理由

冬はダイエットのハイシーズン!

冬はダイエットのハイシーズン!

外気の温度が10度以下になると、カラダは体温を維持し、内臓を冷えから守ろうと働くもの。平熱の36度を保つために、私達のカラダは頑張って熱を作り出そうとするのでカロリーが消費され、代謝がぐんぐんアップします。つまり、外気が寒ければ寒いほど、代謝が上がり痩せやすくなるというわけです。

また、体温調整のポイントとなる褐色脂肪細胞も、温度差によって刺激が与えられると働きが活発になることが分かっています。寒い冬に褐色脂肪細胞を刺激するストレッチやエクササイズを行うことで、脂肪燃焼がどんどん促進されるということになります。

冬は動いた人から痩せていく!3つのポイント

冬は代謝が上がるけれど、どうしても活動量が減ってしまいがち。寒くて習慣にしていた運動が億劫になったり、動かずにじっとしてばかりいると、カラダはエネルギーを消費させずに逆に熱を守ろうと溜め込んでしまうので太りやすくなります。

ダイエットのハイシーズンである冬を最大のチャンスと心得え、「まめにカラダを動かす」、「代謝がアップしやすいカラダ作りのためのエクササイズを行う」、「脂肪燃焼のカギとなる褐色脂肪細胞を活性化させる」、以上3つのことが、冬太りを回避して上手に痩せるコツなのです!