温めるべきパーツ3「お腹(腸)」

低体温、むくみ、腰痛などの冷えが及ぼす悪影響は、特に腸が冷えて固くなっていることが原因といわれています。内臓系最大の器官である腸には、免疫細胞の7割が集まっているといわれているので、体温をアップさせ痩せやすいカラダをつくるためには、腸へのアプローチが重要です。

腸を温めることで血行が促進され、全身に温かい血液が巡り、リラックス効果や便秘解消もありますし、健康な腸は栄養も吸収しやすくなるので、美肌といった嬉しい効果も得られます。

「お腹(腸)」を温めるためにするべきこと 

内臓を温めて代謝アップ!

内臓を温めて代謝アップ!

■ 呼吸でリラックス

腸を動きやすくリラックスした状態を作るために、深い呼吸をマスターしましょう。

お腹に軽く手を沿え、目を閉じてリラックス。息を全て吐ききり、自然に空気を体内に取り入れるように息を吸います。腹部が膨らむのを感じながら深呼吸を何度か繰り返すことで、呼吸によって臓器がマッサージされ、カラダの中から温めていくことができます。

■ 腸もみマッサージ

腸は臓器の中でも特に大きな器官なので、使用される血液量も相当多いものです。その腸をマッサージすることで血行が促進され、カラダ全体を温めるのに効果的です。

マッサージ方法は簡単です! おへそを中心に時計回りに、5箇所ぐらいずつぐるぐると揉みこむようにマッサージしていくだけ。固いと感じる部分は重点的に揉み解すようにプッシュしていきましょう。

カラダの芯から効率的に温めて、もっとキレイ&健康的なダイエットに拍車をかけましょう!

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。