年末年始は、お客様をお迎えすることも多いですね。でも、おもてなし料理は「調理に時間がかかる」「レパートリーが少ない」「下ごしらえが面倒」なんて思っていませんか? そんな時、手軽に作れて、メインにぴったりの肉料理があれば心強いです。今回は、読者アンケートでのお悩みを受けて、年末年始におすすめのおもてなし肉料理ベスト5をご紹介しましょう。

第5位 圧力鍋で鶏手羽の味噌煮込み

圧力鍋で鶏の味噌煮込み

圧力鍋で鶏の味噌煮込み

鶏の唐揚げも人気ですが、和風の味噌煮込みも目先が変わり好評です。圧力鍋を使って短時間調理ができる鶏手羽の味噌煮込み。ほろっと柔らかく煮汁に片栗粉でとろみをつけてからませます。冷めてもおいしく前日に作りおきできるのも嬉しいです。当日再度火を通すとより味がしみ込みます。

 

第4位 とろける旨み 豚の角煮

butakaku

豚の角煮

人気の高い豚の角煮は、紹興酒と調味料で煮込みます。仕上げに水飴を加え、かたくり粉でとろみをつけて煮汁を絡めます。ポイントは煮込む時、調味料、特に砂糖の量を少し控え、薄味で煮て様子を見ながら少しずつ加えていくと、肉が固くパサつき感もなく、とろ~りと 柔らかい角煮ができ上がります。お好みで練りからしを添えてどうぞ。


 

 


第3位 ローストビーフ グレービーソース添え

beef

ローストビーフ グレービーソース添え

塊肉で焼き上げるローストビーフは、クリスマスやホームパーティにお出しすると必ず歓声が上がりますね。おいしく焼き上げるポイントは、肉の下ごしらえと表面をカリッと中はジューシーに焼き上げることです。そして天板に残った野菜と肉汁でつくるグレービソースを添えていただきます。今回は牛ロース肉を使いましたが、脂肪が少なく柔らかいランプ肉も、ローストビーフにおすすめです。

 

第2位ローストチキン 鶏のロール焼き

chicken

鶏のロール焼

フライパンで作れる豪華なクリスマス料理は、やわらかくジューシーな鶏もも肉のロール焼き。付け合せは、さつま芋にかぼちゃ、ピーマン、セロリとカルフォニアざくろで楽しいクリスマスカラーに。甘酸っぱいソースはカリフォルニアざくろ酢をバターと赤ワインで煮詰めます。フライパンで簡単に作れるクリスマス料理はおすすめです!

 


第1位 ローストポーク

pork

ローストポーク

第1位はお値段も手ごろで調理しやすい豚肉を使ったローストポーク。お肉の表面にしっかりと塩、胡椒、香辛料をすり込み、フライパンで焼き色をつけてからオーブンで焼き上げます。シンプルな塩味は、どなたにも好まれます。

 

ガイドコメント 

おもてなし料理は「調理時間がかかる」「レパートリーが少ない」などの悩みが挙げられますが、お肉を使ったオーブン料理や煮込み料理は、火力の調整をしっかりすれば、あとの調理はお任せ。また前日に下ごしらえ、もしくは作りおきして、当日再度火を入れるなどすれば、ゆったりとした気分でお客様をお迎えできます。華やかなお肉を使ったお料理でホームパーティをぜひお楽しみください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。