おもてなし上手になる10のアイディア

おもてなし

美味しい料理と自分らしい気配りで素敵なおもてなしを


少人数でテーブルを囲むものから大勢の人が集うパーティー形式のものまで、海外の映画やドラマでよく見かけるおもてなしのシーン。料理をはじめ、器やインテリアの隅々にまで気が配られた空間に人々が集う様子は、食べる喜びと、その喜びを分かち合う喜びに満ちています。美味しい料理を囲んで大切な人たちと語らうおもてなしの時間は私たちの人生をより豊かにしてくれるに違いありません。

とはいっても、料理に自信がない、部屋が狭い、食器が足りない、準備が大変そう……などなど、自宅にゲストを招いてもてなすことへの不安は誰にでもあるもの。でもそんな不安は、ちょっとしたアイディアとゲストへの気遣いがあれば解決できることばかり! ここでは季節や行事、イベントに応じておもてなしをいかに楽しく演出するか、「おもてなし上手になる10のヒント」をタイムテーブルと共にお伝えします。

 

アイディア1「おもてなしの成功は準備にあり!」

使おうと思っていたメイン食材が当日に売り切れていた、デザートのブランマンジェがお開きの時間まで固まらなかった、途中でトイレットペーパーが切れた……など、数え切れないほどの失敗を重ねてきた私がおもてなしを成功させるために一番大切だと思うこと。それはなんといっても「事前の準備」です。

招き招かれ、数え切れないほど経験してきたおもてなしから学んだ準備の仕方をタイムテーブル形式にまとめてみました。タイムテーブルはおもてなしの「前日までにすること」「前日にすること」「当日にすること」の3つに分けてリストアップしています。これに自分なりの項目も足してチェックしながら準備を進めて、おもてなし当日はゲストと一緒に料理とおしゃべりを思いっきり楽しんでください。