冬のおもてなしはオーブン料理や煮込み料理で

パスタ料理
硬質チーズをくりぬいたものを器にして、魚介類がたっぷりなパスタ料理を
冬のおもてなしは、クリスマスや忘年会など年末の忙しい時ですが、家族や友達と楽しみましょう。

クリスマスのおもてなし料理は、オーブン料理や煮込み料理がおすすめ。前日に下準備や作りおきしておけば、当日は焼き上げたり温め直したりするだけなので、時間的に余裕ができます。あとは、オードブルや飲み物を準備すればよいので、ゆったりとした気分でお客様をお迎えできるでしょう。

海の幸たっぷりな魚介類のオーブン焼き、ローストビーフ、ローストターキーなど豪華な料理は一段と華やかです。ビーフシチューや野菜たっぷりポトフなどの煮込み料理もおすすめです。

オードブルは、殻つきの牡蠣、野菜を一口サイズの皿にみたて生ハムやチーズを載せたり、パテやイクラ、蟹など市販品を上手に組み合わせて、簡単で楽しく工夫が感じられる盛り付けを考えましょう。

クリスマスのおもてなし料理

焼ローストビーフ
豪華なローストビーフは、おもてなしの華
ローストビーフは華やかで豪華なメイン料理です。前菜には、レモンを添えたオイスターカクテルを。カリフラワーのスープ、グリーンサラダ、そしてワインも用意しましょう。デザートは、焼き菓子やフルーツなどを用意してクリスマスを楽しみましょう。メイン料理は、ローストポークやローストターキーも華やかでおすすめです。

鶏肉を使ったおもてなし料理

鶏のロール焼き
フライパンで作れるクリスマス料理・鶏のロール焼き
オーブンを使わなくても豪華なクリスマス料理がつくれます。きのこのソテーとチーズを巻いた鶏もも肉のロール焼きは、フライパンで作ります。付け合せは、サツマイモにかぼちゃ、ピーマン、セロリ、カルフォニアざくろで、クリスマスカラーの華やかな料理です。

 

煮込み料理のおもてなし

煮込み料理
たらとじゃが芋の煮込みは、カレー粉を使ってスパイシーに
淡白なタラとほっこりとしたじゃが芋にムール貝を、スパイスの効いたカレー粉を使った煮込み料理はいかがでしょう。魚介類の煮込み料理は、煮すぎないことがポイントですので、当日に作りアツアツをお出しします。デザートは前日に作りおき出来るタルトケーキやチョコレートケーキなど焼いておきます。

そうめん
じっくりと時間をかけて作るビーフシチュー
ゆっくりと時間をかけて煮込むビーフシチューも、前日から煮込んでおきましょう。前菜はシーフードを使ったマリネ。これも前日から漬け込んでおきます。当日はベビーリーフ、たまねぎ、マッシュルームのサラダにフランスパンとワインを用意します。

鍋を囲んでのおもてなし料理

冷鍋料理
手作りの鶏つくねの鍋は、素材の美味しさがたっぷり!
忘年会など、急に人が増えても対応がしやすいのが鍋料理です。しゃぶしゃぶ、キムチ鍋、鶏鍋、海鮮鍋など調理の手間もかからず材料を用意するだけですので、材料をきれいに盛り付けたり、タレや薬味にこだわりましょう。また箸休めとして、漬物や和え物などの小鉢を用意します。最後は鍋に残った美味しいダシで、ご飯やうどんを美味しくいただきましょう。


お正月のおもてなし料理

おせち料理
大和芋を合わせ酢で味をつけ、スモークサーモンとコハダを巻いた一品は華やかなおせち料理
新しい年を迎えてのおもてなしは、おせち料理ですね。一年の健康と幸せを願っていただく祝い肴、黒豆、田作り、数の子などおせちの基本となるものと、お屠蘇で祝います。最近はデパートなどで買って簡単に済ませることも出来ますが、おせち料理の由来などを話しながら手作りするのも良いと思います。

お重に詰めたおせち料理、大皿に盛り付けた洋風おせち、テリーヌや伊勢えびのテルミドール、かに爪の唐揚げなど若い人が好む料理をお正月らしい飾り付けに盛り合わせるなど、いろんなアイデアでおもてなし料理を楽しみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。