トレーナーや他の会員と仲良くなって励まし合おう!

■仲間との約束
スポーツジムが続かない理由……。それは色々な言い訳を自分に作ってしまうからです。「今日は仕事で疲れているから……」「今日は久しぶりの友人と会える機会だから……」と、知らず知らずのうちに、自分のスケジュールの中で劣後にまわしてしまうんですよね。

これを防ぐには、自分に言い訳がしにくい状況を作り出せば良いのです!それには、仲間との”約束”が効果的です。例えば、友達と旅行に行こうと約束をしていたとしたら、直前になって「仕事で疲れているから……」なんて断ったり、他の予定を入れてしまったりすることはありませんよね? もちろん旅行が楽しみだからということもありますが、友達との約束を守ろう、断ったら悪い、という気持ちが大きいのではありませんか?

それと同じ効果を狙えるのが、トレーナーや他の会員と仲良くなって「私は必ず水曜と土曜に来て5km走るよ!」などと宣言してしまうことです。そうすれば、それを破ってしまった時、仲間に対して「いやあ、仕事が忙しくて……」なんて言い訳をしたり、「あれ? ○○さん、先週来てなかったよね?」などと突っ込まれたりした時に自分の意志の弱さを恥ずかしく思うようにになるはずです。

逆に、宣言通りに実行できている時は「有言実行でさすがだね!」なんて言われて、モチベーションが上がることもあるはずです。

■ちょっとしたライバル意識
もう1つ仲間を作ることの効果は、ちょっとしたライバル意識を持てることです。以前、こんなことがありました。会社の同僚同士でいつも、「そろそろお腹周りも気になってきたし、家で筋トレしないとな~」と会話していたのですが、みんななかなか実行に移せません。そこで、筋トレをしたらSNSに投稿して報告し合おうといういうことになったのです。つまり、”今日はもう疲れたし寝ようかな”なんて思っている時に携帯が鳴り「○○です。腹筋30回やりました!」などの報告が来るのです。すると、自分だけさぼって負けるわけにはいかないという気持ちになり、必死で筋トレをして自分もSNSに投稿するという非常に良いサイクルが生まれたのです。

これと同じように、例えばトレーナーから「○○さんは毎週来て10km走っていますよ」などと聞かされれば、自然と自分も負けていられないという気持ちになって、
あと一踏ん張り、がんばれるはずです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。