東の田園調布、西の芦屋と言われるほどの日本を代表する高級住宅街「芦屋」。
兵庫県神戸市と西宮の間にある芦屋市は、大阪と神戸の中間にあり、立地的にも利便性の高いエリアです。
この憧れの地「芦屋」にあなたは家を買って住むことができるのでしょうか?

1.新築一戸建て

一時は、とてもとても高くて手が出せなかった芦屋の新築一戸建ても、不動産価格が下がったおかげで、手が届くようになってきたようです。

高級住宅地に住むのなら、もちろん新築一戸建ての邸宅に住みたい。
そうお考えの方には、阪神電鉄「打出駅」徒歩9分の西蔵町に土地面積124平米、建物面積118.7平米4SLDKで4880万円の物件があります。
この物件を買う場合のローンシュミレーションとしましては、頭金が1割490万円、借入額を4390万円としますと、月々154,002円、ボーナス払い0円で購入することができます。(諸費用約340万円は別途)

このローンを借りることができる人は、年間所得が617万円以上の方になります。
つまり、手持ち資金が830万円あって617万円以上の年収の方が、この物件を買うことができるのです。
どうですか?あなたは買えますか?

さらに高級志向の方は、阪急電鉄「芦屋川」徒歩13分、本当に芦屋らしい雰囲気の芦屋町にある新築一戸建て6880万円というのもあります。
土地面積178.85平米、建物面積123.52平米の4LDKタイプの物件です。
この物件の場合は、手持ち必要資金も必要年収もグッと上がってきます。

2.中古一戸建て

「新築物件の購入はちょっと難しいなあ」って考えている方。
中古物件なら手が届くかもしれませんよ。
中古物件の方が、不動産価値が高いのに割安な物件が多くあったりもします。
例えば、阪急芦屋川駅徒歩15分の先ほど紹介した芦屋町と同じ町内で、土地面積101.27平米、建物面積79.48平米4LDKタイプ、建築されたのが平成8年3月の物件があります。
値段は、3980万円。

築後8年と比較的新しい家ですね。
これなら手持ち資金680万円(諸経費込み)、借入額3580万円となりますので、月返済額125,587円ボーナス払い0円で購入することができます。
この場合の必要年収としましては419万円でOKです。