デコルテをより広く、より美しく

座っていても立っていても構いません。
背筋を伸ばし、手のひらを反対側の鎖骨に乗せたところからスタートです。

スタートポジション

スタートポジション




そのまま鎖骨と同じ側の腕を方の肩の横に出します。
(肩よりも若干前からスタート)



 

ステップ1

腕を鎖骨から後方に引きます

手のひらでガイドしながら、鎖骨から動かすように、腕を肩よりも後ろへ引きます。このとき同時に顔は反対側を向きます。
(※首がサイドに倒れやすいので注意しましょう。余裕があれば視線が水平に移動するように意識すると首をまっすぐに保てます。)



一往復につき5~6秒かけてゆったり行い、片側10~15回ずつ繰り返して行います。

呼吸は自然に繰り返し、慣れてきたら腕を後方へ引く際にたっぷりと息を吸い込んでみましょう。鎖骨に当てた手のひらで、胸に入ってくる呼吸を感じるくらいゆったり、たっぷりと息を吸い込みましょう。


胴体と腕とをつなぐ脇の下には、複雑な指の動きを可能にする「神経」が沢山通っています。ストレッチをやり過ぎたとき、ピリピリと痛みを感じることがありますよね。「神経」は筋肉と違い、ストレッチされるのを「危険」と感じてしまうことがあります。
あの痛みを感じる直前、気持ちよい範囲で行いましょう。

次のページでは、より腕を大きく動かすストレッチをご紹介します。もうちょっと頑張れそうな方、少し物足りない方は是非チャレンジしてみてください。