都心の新たなランドマーク「アークヒルズ仙石山森タワー」が竣工。その屋上からの圧倒的な眺望や他に例を見ない雄大な空間「ビューラウンジ」、そして森ビルの運営するレジデンスに住む特典のひとつ「ヒルズスパ」も紹介したが、いよいよ専有部に移ろう。まずは、122.27平米の分譲対象住戸のモデルルームから。

モデルルームは専有面積122.27平米(約36.98坪)

住宅のアプローチは重厚感のある石の門柱をくぐりぬけてゆく

住宅のアプローチは重厚感のある石の門柱をくぐりぬけてゆく

オフィスと住居の混在型と聞けば、どうしてもオフィスが主で住宅は従のイメージが付き纏う。入口は建物の隅に追いやられ、エントランスホールも決して大きくなく…といった印象か。しかし「アークヒルズ仙石山レジデンス」は、そんな固定観念を見事に振り払ってくれるだろう。まず建物に一歩踏み入ると、戸数243戸とは到底思えない(といっても戸当たりの面積が相当広いのだが)、天井高7.7mもの広大なエントランスホールが待ち構えている。

位置的には東南の角。カスケードのある水景と、緑に囲まれた明るい大空間は、これまで見たどの大規模タワーマンションよりも優雅なしつらえ。住宅フロアの内廊下も、幅の広いゆったりとした空間だ。床を歩く音も静かで照明は程よい明るさである。

それではさっそく住戸内の様子をご覧いただこう。リビングとダイニング、そしてLDへの入口の扉(引き戸)を掲載する。内装カラーはモノトーンでシックなテイスト。ちなみに、すぐ下の画像にあるリビング壁の鏡は、映像モニター(ディスプレイ)が内蔵されている。

「アークヒルズ仙石山レジデンス」リビング(モデルルーム)

「アークヒルズ仙石山レジデンス」リビング(モデルルーム)


「アークヒルズ仙石山レジデンス」ダイニング(モデルルーム)

「アークヒルズ仙石山レジデンス」ダイニング(モデルルーム)


「アークヒルズ仙石山レジデンス」モデルルーム

「アークヒルズ仙石山レジデンス」モデルルーム


次のページでは、マスターベッドルームや洋室を。