ほぼ完売「アトラスタワー茗荷谷」

正式な事業名称は「茗荷谷駅前地区第一種市街地再開発事業」。施行地区面積は約0.5haである。権利者数は土地所有者36名、借地権者8名など合計70名(一部重複)。「アトラスタワー茗荷谷」の分譲主である旭化成ホームズは2000年11 月に事業協力者に選定されている。

総事業費163億円の目玉プロジェクトが「アトラスタワー茗荷谷」マンションの分譲である。住宅総戸数244戸のうち、販売戸数は193戸。地上25階で建物の高さは99mになる。設計は日本設計、施工を鹿島建設が請け負った。

専有面積は30.95平米~113.73平米。販売坪単価は@380強で、2011年3月上旬の段階で「残り住戸は2戸」ということだ。分譲を始めた当初は、周辺相場を考えると強気な設定ではないかという声が内外から上がったらしい。

セントラルラウンジ

セントラルラウンジ