第1位「ポッコリお腹」

呼吸・姿勢・ウォーキングでポッコリ撃退

呼吸・姿勢・ウォーキングでポッコリ撃退

●痩せてるのに、お腹が段になっていてびっくりした。あのお腹の中には、何が入っているのだろう。

●いつもお腹が隠れるファッションだったが、脱いだらポッコリしていてひいた。

皮下脂肪・内臓脂肪が蓄積されやすい腹部をスッキリさせるポイントは、インナーマッスルを使うこと。

また、血液の循環が悪いと、脂肪がつきやすい状態になりますので、冷やさないように心掛けましょう。

腹筋をしなくてもインナーマッスルは、鍛えることができます。特にコルセットの役割をしている「腹横筋」は姿勢を整え深い呼吸で使われます。

【姿勢改善ポイント!】
・背筋を伸ばしてお腹のお肉を引き上げる。
・大股で歩いた際に上半身が揺れないように腹筋でキープする。
・おへその下辺りが膨らむように意識して深い呼吸を3回、朝昼晩行う。

特に猫背の人は、腹筋が緩んでいる状態なので、ポッコリお腹になりやすいため気をつけましょう。

日常で姿勢を養い女子力アップ

日常の姿勢を意識して美を養おう

日常の姿勢を意識して美を養おう

「二重あご」や「背中」(ブラのハミニク)などは、日常では本人から見えにくいパーツであり、タルミやプヨプヨを発見したときは、すでにスッキリさせるのに時間がかかってしまう状態です。

二重あごに関しては、顔周辺のむくみも関連しますので、バスタイムのマッサージやアルコールなど、食習慣の見直しを同時に行うと効果的です。

また、脂肪がつきやすく、本人もバスタイムで確認することができる、ボディーパーツの「お腹周り」や「太もも」などは、ファッションで隠すことにより、「見なかったことに」してしまう甘えた習慣が命取りになります。

太ももやお腹周りは、筋トレと有酸素運動を併用することがラインを整えるのに有効です。忙しい日常ではどうしても難しい、という皆様に是非とも実践して頂きたいのが「姿勢」と「ウォーキング」の見直しです。

姿勢とウォーキングは日常動作ですので、良い姿勢を意識的に行うと筋肉を使うことが習慣化されますので、是非、実践してみて下さいね。

女性が気になる「プヨプヨ二の腕」は男性は、「むしろ好き」という声もありました。男性は痩せているよりも「ぽっちゃり」が好き。という傾向にありますが、それは「しまりのないだらしない体」という意味ではありません。

自身の身体の状態を把握し、体に良いものを食べ、身体を動かし、日常の姿勢を意識し緊張感を持ったボディーラインを養いましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。