伝統と格式、首里三箇の代表蔵「瑞泉酒造」

瑞泉

美しい花に囲まれた蔵のなかでは各種のきき酒ができる

創業1887年。世界遺産の首里城に隣接した歴史ある蔵だ。琉球の王府が厳しい条件のもと、泡盛醸造を認めていた首里三箇と呼ばれる城下町(崎山・赤田・鳥堀)に位置するのがここ瑞泉酒造だ。

瑞泉の名前の由来は、首里城第二門にある泉「瑞泉」から。
個人的なおすすめ商品は、なんといっても「御酒(うさき)」だ。世界大戦の戦火をまぬかれた奇跡の生命力を持つ黒麹でかもされたロマンの味わい。泡盛初心者にも通にもいいのは、新酒「瑞泉」。さっぱりとした中にもやさしいコクがあり飽きない。観光の際の見学としてもおすすめだ。

瑞泉酒造

「焼酎街道をめぐる、御酒」記事はこちら