南蛮荒焼甕にも力を注ぐ忠孝酒造

古酒蔵

木造古酒蔵の中はまるで神殿。静かにクラシック音楽が流れる崇高な空間だ

那覇空港から最も近い酒蔵としても知られる忠孝酒造は、2011年3月、一般の観光客も泡盛通も楽しめる「くぅーすの杜 忠孝蔵」をオープンした。泡盛向上やオリジナルショップ、アートギャラリー、古酒のオーナーになれる「ザ・オーナーズ」、などのほか、注目なのは巨大なタンク18本と古酒45万本分が並ぶ神殿のような「木造古酒蔵」。さらに同社オリジナルの忠孝南蛮荒焼甕の製造工程を見学でき、また陶芸体験もできる「忠孝窯」が見事だ。ボトル販売の泡盛を、好みの甕に入れ替え、おうちで熟成というのもしゃれている。

 

窯

忠孝窯。甕造り見学や陶芸体験もできる

オリジナルショップでのおすすめは、「沖縄県産マンゴー果実酵母」で仕込んだ「原酒」。香りをかげば、甘い! フルーティー! まさにマンゴーのイメージ。もちろん、泡盛らしいミネラル感やバニラの風味も感じられ、しっかり飲み応えある仕上がりになっている。お土産にいかがだろう。

忠孝酒造

「ザ・オーナーズ」の詳細・申し込みはこちら
「焼酎街道をめぐる 忠孝酒造リポート」はこちら