3

五月病やプチうつは誰でもなり得ます!

入学式や入社式、クラス替え、職場の異動、引っ越し……など、何かと変化の多い春。慣れない生活で、刺激を受けたり緊張する機会も多く、身体はすっかりお疲れ気味。この時期を終えた頃は、最もプチうつ症状が出やすい時期と言っても過言ではありません。さらに、ゴールデンウィークが終わると、プッツリと緊張の糸が切れたように体がだるく、ヤル気がでなくなったりするのが五月病。

今回は、そんなプチうつ気分や五月病の原因と対策、さらに、心を元気にするサプリについてご紹介します!


5月に『プチうつ気分』に陥りがちなのはなぜ?

春に変化が大きいのは、生活環境だけではありません。実は、体力にダメージを与える原因は、気温の変化のせいなのです。

昼間は夏日に近いような気温でも、その夜は冷え込んだり、1日単位で見ても10度以上気温差がある日もあります。すると、その寒暖差に身体の調整機能が対応できなくなり、身体のバランスを崩してしまうことに。

さらに、生活の変化によるストレスで自律神経が乱れ、不眠症やイライラ症状、だるさなど、『不快感』を引き起こします。このように、精神的な要因と身体的な要因、その2つが重なり、心身ともに疲れた状態になってしまうのです。

精神的な要因と身体的な要因とは、例えばこんな症状が考えられます。

*精神的な要因
・常に落ち着かない
・イライラする
・ヤル気が出ない
・気分が落ち込む
・不安や焦りを感じる

*身体的な要因
・体がだるい
・疲れが取れない
・朝起きられない
・頭痛がする
・不眠症

この時期に、上記で挙げたような症状が複合して現れた場合、『春のプチうつ気分』や『五月病』だと思って間違いなさそうです。


ストレスが、プチうつ気分や五月病を悪化させる

「プチうつ気分や五月病のような症状にかかりたくない……」という方も多いと思いますが、その症状を加速させるのが、ストレス。つまり、ストレスを溜めこまなければ、プチうつ気分や五月病にかかりにくいとも言われているのです。

また、こうした症状を起こしやすいのは、比較的、まじめでしっかり者、几帳面なタイプと言われています。嫌なことがあったら、その日のうちにうまく解消することで、ストレスを溜めこまず、うまくこの時期の不調を乗り切れるかもしれません。

平日、仕事が終わって夜遅くても、なるべく自分の時間を作って趣味に没頭したり、友達や同僚とお酒を飲みに行ったり、ひたすらマラソンしてみたり……。ストレス解消法は人それぞれなので、自分に合った方法を見つけてみると良いでしょう。

次ページでは「心を元気にするサプリメント」の紹介です。