こちらもお待ちかねのデザインです!

工房九分仕立て チャッカブーツ(予想図)

今回の限定受注会から「工房九分仕立て」に加わるチャッカブーツの「完成予想図」です。前も書きましたが、このシリーズに用いられるラウンドトウの木型は、この靴のような外羽根式の紐靴が非常に映えます。実物がどう出来上がってくるのか、非常に楽しみ!10万5000円~(REGAL TOKYO TEL:03-3567-1400)

一方、ビスポークシューズを製作する職人が本社内のアトリエで製作する「工房九分仕立て」では、ラウンドトウのモデルで新たにチャッカブーツが受注会限定モデルとして加わります。取材の時点ではまだ完成形が見られなかったものの、この木型は外羽根式の紐靴のデザインと物凄く相性が良いので、間違いなくカッコいい靴に仕上がって来る筈。完成が7月下旬以降になるので、次の秋冬にどんな装いを楽しもうかを考えながらオーダーするのがおすすめです!

また、「甲周りのツイストスキンステッチ」が新たにオプションとして加わります。これは二枚の革を合わせ縫うのではなく、一枚の革の表面に抑揚を付ける一種の飾りステッチで、J.M.ウエストンのゴルフの甲周りに付いている奴と言えばイメージできるかな? つまりプレーントウのデザインをもとに、これまで受け付けなかったUチップがオーダー可能になった訳です。他にも限定受注会だからこそ可能なオプションも多数揃えています。

【REGAL TOKYO 工房九分仕立て 限定受注会】
会期:2012年4月20日(金)~30日(月)
スタイル:
A.チゼルトウ
a.内羽根式6穴オックスフォード、b.外羽根式2穴ダービー、c.シングルモンク、d.ダブルモンク (d.はこの期間のみ限定受注)
B.ラウンドトウ
e.内羽根式6穴オックスフォード、f.外羽根式5穴ダービー、g.外羽根式5穴ロングウィングチップ、h.サドルシューズ、i.チャッカブーツ (e.はアデレイドスタイルでも受注可能。i.はこの期間のみ限定受注)
製法:ハンドソーン・ウェルテッド九分仕立て
サイズ:23.0cm~27.0cm(0.5cm刻み。足長の左右差等は甲乗せや幅出し等の微調整で対応します)
お渡し:2012年7月下旬以降を予定
価格:いずれも10万5000円~(アッパーの素材や仕様等で価格が変動します)


いかがでしたでしょうか。ちなみに今年はリーガルコーポレーション(旧社名:日本製靴)が設立されてちょうど110周年。既製靴であれオーダーメードであれ、REGAL TOKYOに集う「ここにしかないREGAL」は、大切に履けば120周年や125周年なんて簡単に迎えられる筈です。そんな一生の友をこの春、是非ともこのお店で探し出して下さいね!

【お問合せ先】
REGAL TOKYO
住:東京都中央区銀座1-6-13 106GINZA BLDG
地図:Yahoo!地図情報
TEL:03-3567-1400
営:10:30~20:00 
休:12月31日、元旦および不定休
HP:REGAL TOKYO
なお、このお店の最新ニュースはREGAL TOKYO REPORTにてお伝えしています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。