ダイエットをしていると、どうしても途中でダラけてしまったり、思うように結果が出ずに挫折してしまったり……なんて経験があるのではないでしょうか?

そこで今回は、ダイエット成功のためには最も重要といえる、ダイエット中のモチベーションキープ術をご紹介します。

ダイエットの真の成功とは「痩せれば終わり!」ではなく、「目標体重達成後もダイエット中の正しい生活習慣と体型をキープすること!」にあります。

次からは、モチベーションキープのための7つのコツを具体的にご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:ダイエットする動機を明確に!

「何でダイエットする?」

「何でダイエットする?」

ダイエット成功には、数値だけではない確固たる強い動機が必要です。

「ダイエットしたい本当の理由は何?」という質問をもう一度自分に問いかけてみましょう。「自分に自信を持ちたい」「夏までに水着を着たい」「ふられた恋人を見返したい」「減量しないと生命が危ない」etc……、人によってダイエットしたい理由はさまざまですが、ダイエットしたい理由を明確にすることで目標も自ずと見えてくるはずです。この作業こそが目標達成の第一歩です!

2:高すぎるハードルは×

「○○は食べない」「1ヶ月で10kgマイナス」「腹筋100回」等と、完璧を追い求めすぎて自分を追い込んでしまうと心身ともにトラブルを起こし、ダイエットが続きません。さらに、極端な減量で体に負担がかかると、気持ちまで沈みやすくモチベーションもダウンします。

日常生活のちょっとした心がけで改善できること等、どんな些細なことでも良いので、それを継続していくことが大事です。例えば、「お菓子はこれまでの半分の量にする」「夜の炭水化物を二割減らす」「一駅分歩く」といったように、低いハードルを設定し、それをクリアしていくほうが気持ちにも余裕ができてダイエット継続にも役立ちます。

3:成功したイメージをもつ

くびれたウエスト!を想像してみよう

くびれたウエスト!を想像してみよう

ダイエットに成功して、今より引き締まった体になっている自分をイメージすると気分が良いものです。その気持ちをダイエット中のモチベーションにするのも◎です。

そのためには、着たい洋服をあらかじめ買ってしまい、いつも見える所に飾っておいたり、理想体型のモデル・女優さんの切り抜きを貼っておくのも良いでしょう。

また、ダイエットに成功した美しい自分をイメージすれば、お菓子をモリモリ食べていたり、運動せずにゴロゴロしている自分ではない!という戒めにもなるかもしれません。

4:自分を責めずにポジティブに

「必ず自分ならダイエットに成功できる!」という自信を持つことも大切。ダイエットが成功した暁には、本当に自分の自信へと変わることになるでしょう。

そのためには、ダイエット中に少しでも成果があった時は自分を褒め、挫折しそうなときは、「行動すればやる気がまた出る!」という事実を思い出し、無理にでも行動を起こしてモチベーションを高めましょう。

また、自分を責めてしまうと次ステップへの行動に移せず、モチベーションを下げてしまうもの。例えば、ダイエット中にお菓子を食べるなど誘惑に負けてしまったとしても、食べてしまったものは運動で消費してプラマイゼロにしよう!ぐらいの気持ちになることが大切です。

モチベーションを上げるには自分を責めるようなことはせず、もし、モチベーションが下がってもネガティブになることなく、ポジティブ過ぎるぐらいポジティブに行きましょう!