ペアストレッチのやり方とは? 楽しみながら2人で実践、効果も2倍!?

ペアストレッチで体も心もリフレッシュしましょう

ペアストレッチで体も心もリフレッシュしましょう

体を芯からやわらげるundefined健康ストレッチundefined森俊憲undefined森和世/著(永岡書店)定価undefined本体1100円

体を芯からやわらげる 健康ストレッチ 森俊憲 森和世/著(永岡書店)定価 本体1100円

人の感情、身体のバイオリズムは常に変化するもの。だから尚更、モチベーションをキープするの至難の業。特にダイエットやエクササイズなど孤独に実践するより、相手がいる方がお互いのバイオリズムの相乗効果でモチベーションキープ&アップに一役買ってくれます。

特にガイドがオススメするのが、ペアストレッチ。ご家族や恋人など、パートナーと行うことで、自分では伸ばしにくい部位を効果的に伸ばす事ができ、心身共にリラックスします。また、相手の負荷を利用してストレッチしながら、筋肉を刺激するエクササイズ効果も得られるので、気になる彼のメタボ腹も解消できるかも? もしくはなかなか言い出しにくい、彼女の背中肉が気になる貴方は、何気なくストレッチに誘うのもよし。今日からふたりで楽しくストレッチをスタートしてみませんか? 
 
では、早速ストレッチをご紹介しましょう。
   

脇腹伸ばしで、呼吸を深め、代謝を上げる立ったままのストレッチ!

このストレッチでは、体の脇を伸ばし、体幹(コアマッスル)を刺激します。普段運動不足の彼にゆっくりレクチャーしてあげて下さい。
 
動作1

動作1

1.横並びになり、片足縁を付け、お互いの手を取り合います。
 
動作2

動作2

2.外側に一歩踏み出しながら、お互いを引っ張り合うように、体側を伸ばし5秒キープ。
反対側も同様に。
 

お腹をねじって、彼のメタボ腹を解消!ストレッチ

このエクササイズでは、お互い背中合わせになり、ねじりを深めていきます。特に呼吸を合わせ、コミュニケーションを取らないとなかなか動きが合わないので、コミュニケーション力が動きよりも大事かも。

 
動作1

動作1

1.背中合わせになって立ち、肩幅に足を開き、腕を肩の高さに伸ばします。お互いの手を絡め姿勢を整えましょう。
 
動作2

動作2

2.息を吐きながら、右側に体をねじり5秒キープ。
 
動作3

動作3

3.息を吸いながら正面に体を戻し、息を吐きながら、左側に体をねじり5秒キープ。
 

肩こり、腕の疲れを解消!ストレッチ

このストレッチでは、自分ではほぐしにくい胸を伸ばし、肩コリを解消していきます。また、普段のデスクワークで疲れやすい腕もほぐすので、首周りから肩、背中がスッキリしていきます。
動作1

動作1

1.サポートされる側(女性)
床に座り、両手を後ろの伸ばします。
サポートする側(男性)
パートナーの後ろにかがみ、パートナーの手を優しく掴みます。
 
動作2

動作2

2.サポートされる側(女性)
お互い声を掛け合い、パートナーが手を上げるタイミングで息を吐きます。
サポートする側(男性)
ゆっくりと掴んだ手を相手が痛くない高さまで引き上げ、15-20秒キープします。パートナーとポジションを交代し、同様の動きを。
 

猫背解消!女性にとっては嬉しい効果大!ストレッチ

このストレッチでは、普段から猫背気味の方に効果大です。猫背による肩こり、冷え性などを解消し、バストアップにも効果大です。また、胸を開く動きでリンパの流れもよくなり美肌にも。女性には欠かせないストレッチ!
 
動作1

動作1

1.サポートされる側(女性)
床に座り、両手を後ろに伸ばします。
サポートする側(男性)
パートナーの後ろに立ち、相手の肘を掴み、右膝を背中に優しく添え、胸を開きます。
 
動作2

動作2

2.サポートされる側(女性)
お互い声を掛け合い、パートナーが手を上げるタイミングで息を吐きます。
サポートする側(男性)
ゆっくりと掴んだ肘を引き上げ、15-20秒キープします。パートナーとポジションを交代し、同様の動きを。



いかがですか?相手の体温を感じながら、相手を想いやりながら実践するペアーストレッチは、自分ひとりで行うストレッチよりも体の伸び、気持よさが違うはず。ふたりでストレッチ、今日から始めてみて下さい!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。