「ヒートショックプロテイン」を増やす入浴法

効果的な入浴法で「ヒートショックプロテイン」を増やす!

効果的な入浴法で「ヒートショックプロテイン」を増やす!

毎日のお風呂タイムを1週間に2回、これからご紹介する入浴法に変えるだけで、「ヒートショックプロテイン」を増やすことが可能になります。

ちょっと熱めのお湯42度に10分間入る方法が効果的ですが、10分続けて入浴できない場合は、湯船に約1分立って、また湯船につかるなどを繰り返し、合計で10分入浴する方法でもOK。また、40度では20分、41度では15分の入浴法でも「ヒートショックプロテイン」を増やすことが可能です。

入浴の際は、お風呂のふたを首元まで覆って入浴することで、お湯の温度を下げずにすることができます。また、入浴後はタオルやガウンなどで体温が下がらないように10~20分保温し、体を冷やさないことも大事。さらに水分補給(常温)も忘れずに。
*後期高齢者、高血圧、疾患のある方は避けましょう。

「ヒートショックプロテイン」を増やす加温生活~運動編~

1日30分の運動が効果的!

1日30分の運動が効果的!

運動をすると加温したときと同じような状態になり、運動が良好なストレスとなって「ヒートショックプロテイン」が増加します。

実験によると、1日30分の運動を2週間続けることで「ヒートショックプロテイン」が増加したそうです。目安としては、汗が出てちょっと疲れたかな、と思うくらいの負荷が良いそうです。

「ヒートショックプロテイン」を増やす加温生活~食事編~

食事だけで「ヒートショックプロテイン」を増加させるのが厳しいですが、入浴や運動と併せて、体を温める根菜類(にんじん、ごぼう、大根など)や香味野菜(ニラ、ニンニク、生姜など)は積極的に毎日のメニューに取り入れると◎。反対に、体を冷やす食材(トマト、キュウリなど)や冷たい飲み物は量を控えましょう。

だんだん寒くなるこれからの季節、「ヒートショックプロテイン」を増やす加温生活(入浴、運動、食事)で体温や代謝をアップさせ、ダイエットにも役立てていきましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。