大きさ+(プラス)“形”で勝負

大胸筋

筋肉にメリハリがあり、綺麗にシェイプされた胸は美しい。ただシャツを羽織るだけでも絵になるものだ

上半身から与えられる印象は、人にとって大変重要です。これまでの記事でもお話ししてきたように、厚い胸板は男らしさの象徴と言っても過言ではないですし、厚みのある上半身からは、ゆるぎない説得力が感じられます。とはいえ、何事も「適度に」が大切。胸板ばかりが厚くては、アンバランスなだけの体になってしまいます。厚さ(大きさ)に加え、筋肉にメリハリのついた、均整のとれた、形の良い胸を目指していきましょう。

さて、「胸の形」と言うと、一般的に女性のほうが重要視すべきものだと思われがちですが、実はそんなことはありません。適度に筋肉がついて、綺麗にシェイプされた胸には、女性だろうが男性だろうが関係なく、魅力を感じることでしょう。しかし、女性と男性とでは、胸の筋肉を鍛える際に注意の必要なことがあります。それは、重要視するべきトレーニングの種類。胸のトレーニングには、大きく分けて2つの種類があります。1つは、全体的に筋肉を大きくして、厚い胸板をつくるのがプレス系のトレーニング。胸のトレーニング基礎編で紹介したプッシュアップ(腕立て伏せ)や、そのほかベンチプレスなどがそれにあたります。そしてもう1つが、厚みをもたせた後、形を整えるために行う、フライ系のトレーニングです。

男性の場合、重視すべきはプレス系のトレーニングです。腕立て伏せやベンチプレスで大胸筋全体を大きくパンプアップさせた後、フライ系のトレーニングで筋肉のメリハリを追求していくことが、ボディデザイン的には重要だと考えます。また、プレス系のトレーニングのほうが、大きな筋肉を使いますので、パフォーマンスの面から考えても、そのほうが適しています。小さな部位にフォーカスした運動を先にやってしまうと、すぐにその筋肉が疲れてしまい、全体のパフォーマンスが落ちてしまいます。 しかし、女性の場合、男性とは逆に、プレス系よりもむしろフライ系のトレーニングを重視したほうが良いでしょう。 なぜなら、フライ系のトレーニングのほうが、バストアップ(胸のリフトアップ)とシェイプアップに効果が期待できるからです。実際にトライしてみると、たちまち胸の内側の筋肉に効いてくるのが実感できることでしょう。

そこで次のページからは、筋肉にメリハリをつけて、形を整えることを目的としたトレーニングをご紹介いたします。バンプアップした胸にこれらのトレーニングをプラスして、大胸筋を立体的に鍛え、理想の形に整えていきましょう。