脚長トレーニングで体型も変わって見える!

筋トレ

脚長筋トレで人に与える印象も変わる!

「あともう少しだけでも脚が長かったら」と思うことはありませんか? じつは、下半身の筋肉のフォルムを整えることで、今よりも脚を長く見せることは可能です。

上半身と下半身のバランス、特に足の長さを感じさせるシルエットラインに変化があると、周りの人に与える印象が、より洗練されたものになるでしょう。

今回は、2つのアプローチから脚を長く見せるトレーニングを実践していきます。

1つ目のアプローチとしては、下半身の筋力の強化です。太ももの内側「内転筋」を鍛えることで、ひざやもも周りが引き締まり、脚がまっすぐ綺麗に長く見えるという視覚効果が期待できます。

もう1つのアプローチとしては、ヒップアップ。トレーニングによってヒップのトップの位置を上げることで、その分脚が長く見えるようになります。

それでは実践していきましょう!

O脚で悩む方にもおすすめ!「内ももスクワット」

通常、スクワットは両脚を開いて行いますが、「内ももスクワット」は足をそろえた状態で実践します。

両ひざをつけたまま屈伸運動を行うことで、内もも(内転筋)への負荷を高めます。同時にヒップの筋肉も刺激し、ヒップアップの効果も見込めます。


「内ももスクワット」のやり方

1.足をそろえた姿勢からスタート。内ももに力を入れてひざとひざとを近づけるイメージで。
S

STEP1

2.両ひざを密着させながら、ゆっくりと腰を沈めていく。ひざの角度が90度になる高さまで重心を下ろしたら、ゆっくりと元の体勢にもどる。元の体勢に戻るときも内ももにはしっかりと力を入れたまま、膝が離れないように意識すること。
S

STEP2


「内ももスクワット」のポイント

・10回を1セット。1日2~3セットが目標。
・勢いや反動をつけずにじっくりと動作する。

次ページでは体幹も鍛えられる「サイドブリッジ・オプション」のやり方を紹介します。