寝ている間も痩せるストレッチver1

夜になると1日の疲れが下半身に全部来ている? と思えるほど、重く、だるく、ムクミがちになります。そこで股関節周辺、鼠径部、脇腹などをゆっくりと伸ばし、疲れを残さないようにするストレッチをご紹介します。体を真横に倒すには、腹筋、背筋が必要なので、このストレッチを続ける事でウエスト周りもスッキリしてくると思います。


 
undefined

  

1.床にお尻をつけ、骨盤がまっすぐ立つ位置で足を広げましょう。骨盤が立ちにくいという人は、お尻の下にクッションなどを入れ、立たせるように工夫しましょう。この時、お腹と腰で押し合うように意識すると、骨盤が立ちやすくなります。

 
undefined

  

2.息を吸いながら、背筋を伸ばし、息を吐きながら、ゆっくりと体を右側に倒しましょう。伸ばした左手は耳の横に。顔の前に来ると、腰が丸まってしまうので、なるべく遠く長く腕を伸ばすイメージで。

 
undefined

   

3.息を吸いながら、正面に戻り、息を吐きながら、ゆっくりと体を左側に倒しましょう。
左右15回づつを目安に繰り返しましょう。