世界のおやつ、大集合! 

プリン

おやつの定番プリン。イギリス生まれといわれるが、いまや世界各地で食べられている

あま~いスイーツは旅の疲れもいやしてくれるもの。最近は日本でも世界各地のスイーツが味わえるようになりましたが、やはり本場はひと味ちがいます。レシピや材料の差はもちろん、気候風土の違いも味覚に大きく影響します。たとえば、湿度も高く蒸し暑い日本で食べると少しクドく感じる濃厚なお菓子も、カラリとした土地で食べると意外にクセになる甘さだったりします。

お菓子の歴史は古く、紀元前3,000年頃エジプトで生まれたパンがルーツ。紀元前1,200年ごろにはパンに果物などを混ぜた、いわばお菓子のはしりのようなものが作られており、ローマ時代になるとすでにお菓子職人がいたようです。

現在では、もはや種類は数えきれないほど。有名なパティシエが作る繊細なケーキもあれば、街角のたいやきだって立派なスイーツ。そこで今回は、世界各地で愛されている、おやつ感覚の定番スイーツをピックアップ。実際にガイドが現地で食べたものを中心に、本場で味わう価値のあるものだけを集めました。

本場で食べたい世界のスイーツ ベスト10」、まずは第10位です。

第10位はこちら>>>ちょっと番外!? おやつっぽいスペインの朝食
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。