赤ちゃんの便秘解消レシピ さつまいものジュース煮

カテゴリー:サブのおかず煮物

 

なぜ便秘にいいの?

赤ちゃんの便秘は、ちょっと心配ですよね。「便秘気味かな?」と感じたら、まずは、水分補給。そして試して欲しいのが、今回お伝えする「さつまいものジュース煮」です。

「さつまいものジュース煮」がなぜ便秘にいいのかご説明しましょう。さつまいもは、食物繊維が豊富なのに加えて、さつまいものでんぷん質は「麦芽糖」といって、腸内で発酵するので、腸の運動が活発になって便が出やすくなる利点もあります。つまり、さつまいもは、便のかさを増してくれて、出やすくもしてくれる食材なのです。

また、今回使う「オレンジジュース」は、便をやわらかくしてくれます。便秘の解消を3方向から助ける万能レシピ! ぜひお試しくださいね。

さつまいものジュース煮の材料(乳児 約1人分

さつまいものジュース煮
さつまいも 5cm幅程度
オレンジジュース 大さじ2~4杯

さつまいものジュース煮の作り方・手順

さつまいものジュース煮の作り方

1:

さつまいもは7mm程度の厚さの輪切りにし、水に入れてアクを抜きます。そのあと、さつまいもを鍋に入れ、水はひたひたまで注いで弱火で8分ほど茹でます。

2:

少し煮くずれてきたら火を止め、鍋の中で、スプーンやおたまなどの背でつぶします。(離乳食の段階によって、つぶし具合を調整しましょう。)

3:

オレンジジュースを少しずつ加えながら、2で作ったペーストをほどよくのばします。

4:

よく混ざったらもう一度弱火で1分ほど煮たら出来上がり!

5:

やけどしないように、冷めてから食べましょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

1歳以降なら、アクぬきしたさつまいもを、輪切りのままジュースで煮てもOK!つぶさずそのままオヤツになりますよ。※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。