ベランダでハーブガーデンを始めよう!

ベランダでハーブガーデン

ベランダでハーブ栽培を楽しもう!

育てる、見る、食べる、香る、癒される……、ハーブは生活のいろいろなシーンで利用できる植物です。もし、まだハーブについてよく知らないという方は、一度ハーブの概要をガイド記事「ハーブを楽しむ」でご覧ください。きっとハーブに興味が湧いてくるでしょう。

ハーブ栽培は、ちょっとしたスペースでも始められます。今回は、ベランダで楽しむハーブガーデンをおすすめします!
   

ベランダでハーブ栽培のメリット

ハーブ

いろんなハーブを少量ずつ楽しもう

やや乾燥気味を好むものが多いハーブ、ベランダ栽培なら長時間雨にさらされるリスクが少なくて済みます。また露地栽培より高い位置で管理することになるので、通風も確保しやすいです。

そして何と言っても、収穫しやすいのが便利!お料理の最中に、サッとハーブを摘みに出られる気安さがいいですよね。気安いということは、よく目をかけてあげられるということにもなります。

ハーブは、一品種一鉢ずつあれば充分楽しめます。雑貨屋さんのように、可愛くディスプレイしながら楽しんでみましょう!
 

ベランダで育てられるハーブ

ベランダでの鉢栽培と露地栽培、どちらも育てられるハーブに制限はありません。むしろ、ミントのように地下茎を伸ばして繁茂する生命力の強いハーブでは、鉢栽培のほうが管理が楽なこともあります。

まずは何に使いたいのかハーブの用途と、好みの香りで選んで育ててみましょう。ローズマリー、タイム、ラベンダー、バジル等々、定番のハーブについては、ガイド記事「ハーブのある暮らし」で栽培の仕方などを解説していますので、ご参照ください。
 

ベランダハーブガーデンを楽しむコツ

レモンバーベナのポット苗

ポット苗は、一回り大きい鉢に植え替えて

ゴールデンウィークを迎える頃には、充実したハーブ苗がたくさん出回るようになります。ハーブは種からも育てられますが、苗からなら手軽に始められ、収穫も早くできます。

ポット苗を買ってきたら、すぐに一回り大きい鉢に植え替えてあげましょう。土はハーブ用の培養土が便利です。鉢は特別に新しいものを用意しなくても、お菓子が入っていたキレイな缶や、ペットボトルでも代用できます。小ぶりな鉢なら100円ショップでも可愛いものが売られていますし、まずはお金をかけるより愛情をかけてあげましょう。
100円ショップの鉢と土

100円ショップでも可愛い鉢やハーブ用土が買える


『でも、ペットボトルじゃ見た目がねぇ……』というときは、フェルトや麻布で鉢カバーを掛けてみては?両面テープでペットボトルに貼れば、裁ちっぱなしでもOK。ハーブのネームラベルを貼ってもいいですね。

ハーブを植えた鉢は、プランターラックを使って立体的にディスプレイすると、日当たりや通風が良くなります。逆に日照や風当たりが強すぎる場合は、遮光ネットや防風ネットなどで保護してあげましょう。なお、ベランダでの植物栽培の注意点については、ガイド記事「ベランダガーデニングを楽しむ」で述べていますので、こちらもご参照ください。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。