初夏の庭を豊かにする花や植物とは?

初夏の庭を豊かにする花や植物

初夏の庭を豊かにする花や植物


初夏の庭

多彩な花々が庭を彩る初夏

5月というと、春の一年草もまだ元気。さらに生育適温が高めの草花も徐々に咲き出して、庭に彩りを加えていきます。観賞用の花ばかりでなく、ハーブや野菜苗も充実してくるこの季節、まさに目が回るほど忙しいガーデナーも多いことでしょう。

今回は、そんな5月下旬から7月頃までの、初夏の庭を彩る花たちをご紹介します(※開花時期はお住まいの地域の気候により前後します)。
   

初夏の庭を豊かにする一年草

ペチュニア

ペチュニアやカリブラコアはおすすめ!

寒冷地ではビオラやパンジー、アリッサムなど、春の花もまだまだ元気ですが、気温が上がるにつれ疲れが見えてきます。入れ替え用の花を準備しておきましょう。花色が豊富なカリブラコア、ペチュニアなどがおすすめです。
 
そのほかに、
トレニア

ピンクのトレニア

  • カーネーション
  • ガザニア
  • カスミソウ
  • カレンデュラ
  • カンパニュラ
  • キンギョソウ
  • ディアスキア
  • トレニア
  • ニゲラ
  • ネメシア
  • ハナビシソウ
  • ベゴニア
  • マリーゴールド
  • ミムラス
  • ロベリア
などが挙げられます。

 
マリーゴールド

マリーゴールドはコンパニオンプランツにも

管理は「春のガーデニングを楽しむ花」と同様に、開花後は花がら摘みをして、追肥も忘れずに施します。また、梅雨に入ると株が蒸れて弱ってしまうことがあります。適宜切り戻しをして、通風を確保しましょう。

なお、ハナビシソウは直根性(ゴボウ根)なので、植替えを嫌います。寄せ植えやハンギングに使う際は、根を傷めないように注意しましょう。
 

初夏の庭を豊かにする多年草

ケマンソウの花

ケマンソウの別名はタイツリソウ

初夏の庭を彩る多年草としては、
  • アガパンサス
  • アヤメ
  • オダマキ
  • クレマチス
  • ケマンソウ
  • シバザクラ
  • シラン
  • シレネ
  • ジャーマンアイリス
  • ゼラニウム
  • ダイアンサス
  • タチアオイ
  • デルフィニウム
  • マーガレット
  • ミヤコワスレ
  • ラベンダー
  • ルピナス
  • ワスレナグサ
などが挙げられます。
 
ルピナス

定番のルピナスも花色でイメージが変わる

多年草の花期は、一年草に比べ短いです。一つの多年草だけをたくさん植えてしまうと、花があっという間に終わって寂しくなってしまいます。一種類だけでなくいろいろな種類を植えたり、一年草やカラーリーフを加えると、いつもどこかに花が咲いているような状態を目指すことができます。
 

初夏の庭を豊かにする球根性植物

ユリの花

ユリは品種も豊富で花色も様々

春の球根植物は5月上旬に終わってしまうものが多いですが、初夏にも美しい花を咲かせる球根植物がいろいろあります。
例えば、
  • アリウム
  • アルストロメリア
  • イフェイオン
  • オーニソガラム
  • オキザリス
  • カラー
  • ユリ
などが挙げられます。
カラーの花

カラーの球根にはシュウ酸カルシウムが


中でもユリは、品種も豊富で人気があります。全国各地にあるユリの名所を訪ねてみるのもよいですね。

なお、球根植物に限ったことではありませんが、ガイド記事「ガーデニング事件簿1. ありえない?!誤食の危険」で述べたように、カラーなど誤って口にすると危険な植物があります。菜園とはしっかり区切って栽培を楽しみましょう。
 

【関連記事】



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。