ダイエット中の運動は逆効果? お腹が空いたら何に頼る?

ジョギング

運動はNG、と聞きガイドは早速駅で階段を上るのをやめました

Q7:石川方式のダイエットでは「ダイエット中の運動はNG」と伺ったのですが……本当ですか?

石川院長:
「本当です。だってお腹が空いたら余計に食べたくなっちゃうじゃないですか(笑)。筋肉量を落とさないための運動は必要ですが、運動で消費するエネルギーは意外と少ないので、痩せる目的の運動は基本NGす。運動だけで体重を落とすには相当の覚悟が必要ですし、『今日は運動したから』という達成感からご褒美にケーキ……などと余分なカロリーも摂ってしまいがち。運動よりも日常の食生活を見直したほうが体重は落ちますよ!」

 

Q8:運動しないとなると、必要な筋力まで落ちやしないかとちょっと心配です。

石川院長:
「では疲れない程度に歩いてはいかがでしょう。自分の経験ですが、腹筋はおススメ。全身運動時に比べお腹がすきにくく、筋肉痛になればしめたもの、食欲が確実に落ちます! コアマッスルを鍛えるのは美しいウエストラインを保つためにも有効です」

コンビニフード

おなじみの彼らが心強い味方に!

Q9:どうしてもお腹が空いた時は? 水でごまかしますかね?

石川院長
:「ある程度の満足感は得られつつ、カロリーの少ない春雨スープなどを食べてみてはいかがでしょう?100キロ前後のものを選べば、万が一2つ食べてもわずか200キロカロリー。食べ過ぎたと思った翌日は夕食をこれに変えるだけでカロリーの調整ができます」

 

Q10:来年こそお正月太りをしないテクニックがあったら教えてください

石川院長:
「お正月に太ることを見越して、年末の忘年会の段階から体重をキープ、または落としておくといいでしょう。例えばお食事会の予定がある時は、前日までの段階でカロリーを控えておいて翌日や翌々日で元に戻れるようにするなど。前後を含めて調整するとストレスが少なくて済みますよ」

そしてお正月おすすめの美容医療メニューは!?