そこにあるアンダーヘアは「ムダ毛」ですか?
あえて残した「必要な毛」ですか?

最愛のパートナーに格別なこだわりでもない限り、日本女性ならワキだけでなく腕も背中もお尻も脚も、1本の毛もないスベスベ美肌でいたいもの。けれどいわゆるデリケートゾーン、アンダーヘアの処理については「これぞ正解!」と断言できる女性はそんなにいないように思います。
 
「アンダーヘアなんて最初からなければよかったのに」と水着の季節が来るたびに思う

水着の季節が来るたびに「最初からアンダーヘアなんて生えてなければよかったのに~!」と思うけれど……

アンダーヘアの処理を何もしないのは論外ですが、他パーツのようにツルツルが絶対とも言えないし、友達にだって気安く出せる話題でもない……そこで今回はさまざまな美と健康のプロフェッショナルに、昨今のVIO事情や今後脱毛するにあたってのアドバイスを伺いました!

<目次>  

人気婦人科医は知っている!
「日本女性のアンダーヘア、今昔」

ここ十数年の間で日本女性のアンダーヘアは激変の時代を迎えている、そんなお話をしてくださったのは「アヴェニューウィメンズクリニック」院長・福山千代子先生。のべ何万人もの女性のお悩みを解決してきたベテランドクター曰く、日本女性のアンダーヘア事情はここ20年で著しい変化を遂げているそう。
のべ数万人のアンダーヘアを診てきた福山院長。可愛い笑顔で重みある証言をできちゃうのが素晴らしい!

のべ数万人のデリケートゾーンを診てきた福山院長。可愛い笑顔で重みある証言をできちゃうのが素晴らしい!

福山院長(以下、敬称略):「私が産婦人科医となった2001年頃は、アンダーヘアは手つかずの方が多く、せいぜいが下着からはみ出そうなところを自分で剃ったり短く切り揃えている“自己処理派”の女性ばかりでした。
ですから今でいうところのハイジニーナ(アンダーヘアを全て処理した状態)をされている方は大変珍しかったですね。ドクターになりたての私にとって、ツルツルのデリケートゾーンは内心すごい衝撃でしたね(笑)」

2001年といえば18年前。とっくに成人していたガイドにとってはかなり最近の話です。

福山:「その後、徐々にアンダーヘアの処理をしている女性の割合が増えていったのですが、Vゾーンの処理の仕方は、その都度アンダーヘアの形の流行りがありました。例えば12~13年前くらいのビキニラインはIやOゾーンはツルツル、Vゾーンにだけ黒々とした長方形の毛が残っているいわゆる“味付け海苔”のような形が殆どだったんです。
その頃になると無毛もそこまで珍しくはなかったと記憶しています。最近では処理済み女性と手つかず女性の割合が完全に逆転していますね」

VIOの処理の方法に何か変化はありましたか?

福山:「昔は剃り後が青々としていたり、肌荒れしているようないかにも“自己処理っぽい”女性が多かったんですが、最近はエステやクリニックでちゃんと処理を済ませた方が断然多いですね。
ただアンダーヘアの処理率には地域差があるようです。地方の産科に勤めていた友人も、最近都内で開業したのですが『患者さんの処理率が高すぎる!』とショックを受けていましたから(笑)」

ここ20年でデリケートゾーンのムダ毛は「手つかず」から「お手入れ済み」が主流に。美容クリニックやエステでしっかり処理して理想の状態を手に入れる人が増えているようです。

次ページではクリニックやエステサロンで行われているVIOの脱毛方法についてご紹介します!

【お話を伺った福山先生のクリニック】
■アヴェニューウィメンズクリニック DATA

所在地:東京都港区六本木7-14-7 六本木トリニティビル4F
初診料:無料(保険診療は除く)
TEL:0120-766-649
URL:https://www.aw-clinic.com/