街歩きは聖地に限る! 神の街カトマンズ

パタンのダルバール広場

「カトマンズの谷」3古都のひとつ、パタンのダルバール広場。どことなく見覚えのあるやさしい景色。左手前の石造ドーム寺院がチャシン、右奥の塔がタレジュ ©牧哲雄

バチカン、エルサレム、ラサ、アトス山、ラム島……数々の聖地が世界遺産に登録されているが、その地方の文化が凝縮した聖地の街歩きは本当に楽しいもの。

ネパールの首都であり、同時にヒンドゥー教、仏教の二重聖地カトマンズは街歩きの楽しさも2倍。今回はそんなネパールの世界遺産「カトマンズの谷」を紹介しよう。

不思議の街、神々の街、カトマンズ

カーラ・バイラブ

カトマンズ、ダルバール広場にあるカーラ・バイラブ。シヴァ神の化身で、この前で嘘をつくと即、あの世に召されるという ©牧哲雄

カトマンズは不思議な街。

街のあちらこちらに見られるヒンドゥー教のコミカルな、あるいは恐ろしい神々たち。半神半獣の神もいれば、病苦を背負って苦しむ神や、ドクロや剣を身につけて猛り狂う神もいる。

ヒンドゥー行者サドゥー

延々と逆立ちを続けるヒンドゥー行者サドゥー。自ら禁を設けて修行に励むサドゥーをあちこちで見かける

寺院によってはカラフルにおどろおどろしく彩られた男女交合像(SEX像)ミトゥナが所狭しと埋め尽くされているし、まだ少女なのだがクマリと呼ばれて崇められている生き神様だっている。

多くはインドでよく見るヒンドゥー教の神々だが、建物は明らかにインドのものとは違うし、クマリをはじめ、インドではまったく見かけない神々も存在する。

かと思うといきなり仏教のストゥーパが立っていて、ブッダの目らしいのだが、巨大な目玉が睨みつけてきたりする。マニ車と呼ばれる仏具を手で回している人々が、このストゥーパの周りをみな同じ方向に歩いている。異世界の光景だ。

世界に類を見ない神々の街、カトマンズ。人々は、ヒンドゥー教や仏教、土着のアニミズムの神々が一堂に会する場所という意味で、「人より神が多い街」と呼ぶ。