まずはお約束のビフォア画像です

ビフォア顔正面

同性の厳しい目でチェックしてみましょう!

綺麗なタマゴ型の輪郭、目もパッチリとしていますが……よーく見ると左右の目の高さが違います。右目が垂れ気味、左目はちょっとツリ目気味。これはモデルさんも気になっているそう。

志水院長:「目の位置は左が高いですね。けれど頬骨と口角は右が上がって左頬が落ちています。これは顔の左右だけでなく、上下にも歪みが出て捻じれているからです」

ビフォア顔横向き

首の後ろ、Tシャツのすぐ上に注目

横向きもしっかりチェック……あえていえば首の下のほうが出っ張っているような?

志水院長:「第七頚椎という首の一番下の土台となる骨が少し出ています。これが出っ張ると上下の骨との連動が悪くなり、周辺にある抗重力筋という姿勢をまっすぐに保ったりや顔のたるみを防ぐ筋肉が衰えるので、骨が出っ張ってない無い人よりも、たるみや二重顎になりやすくなります」

パソコンやデスクワークの時間が長い人は、こういうケースがが多いそう。とはいえ仕事は簡単にやめられませんから、やはりプロの手で調整するといたしましょう。


1回目——シンメトリー顔を作る、理想の土台作り

骨盤の調整

【骨盤の調整】骨盤は体の中心であちこちと密接につながっている大切な部分。時間をかけて調整します

矯正とか整体と聞くと思わず「バキッ」と骨を鳴らすようなものが連想されがちですが、そうしたものは壱番館では一切登場しません。もっと言ってしまうと揉んだりほぐしたりのマッサージも殆ど見かけません。

最も近いイメージは、なんと「パーソナルトレーニング」。志水院長に体のあちこちを支えられ、指示に従い自分で体を動かすという動作がメインとなります。

背中の調整

【背中の調整】腕の筋肉を刺激し、背中の緊張を緩めています

例えばセラピストが手で骨盤を抑えているのを自分の腰をあげて押し返したり、後ろ手に回した腕をセラピストに支えられながら一定の方向に力をかけたり。
これらはオステオパシーというテクニックの一部。完全に他人任せにするのではなく、自分自身でも体を動かすことで、無理なく関節の稼働域を広げたり、筋肉をゆるめたりできるのです。

 

首肩の調整

【首・肩の調整】腕をおさえられた姿勢で肘を前に持っていく動作を3回。慣れるまで結構たいへんです

無理が無いから、痛みや刺激は本当にありません。ただし、

モデルさん:「け、結構忙しいです!」

動きはどれもゆっくりですが、要所要所で自分も力を込めなければいけないいわば「参加型の調整」のため、慣れてないと軽い運動をしたくらいには体力を消耗するのです。


手首の矯正

首と密接につながる手の緊張を緩めています

けれど、うつぶせ、あおむけ、座った状態でと施術が進むうち、モデルさんの体には

「さっきより腕が高く上がります」

「首が左右同じように傾くようになりました!」


など次々と好変化が。

 

首の調整

【変顔ではなく】真面目な施術です。目の筋肉を動かして連動する首の骨にアプローチ

うつぶせ、座った姿勢、あおむけと一通り体勢を変え、骨盤、背中、足、首や肩まで全てのバランスを整えて第1回目終了。

顔の調整は2回目に集中して行うことになりました。

 

次回はいよいよ顔にアプローチ!そして伝説のシンメトリー顔へ